オリーブ収穫祭

0

     明日から14日までオリーブ収穫祭が『天草オリーブ園』で開催されますので、前日に訪ねてみました。

     以前ダートだった入園道路は、今は舗装されています。

     駐車場奥に臨時の受付テントや休憩所の準備が進んでいました。

     

     広場のシンボルツリーもたわわに実っていました。

     

     

     シンボルツリー近くの搾油場では作業が行われていました。無料で(先着順)搾油作業が体験できるそうです。

     

     ちょっと反射して見えにくいかな? ブルーのバケツに絞った液が出ています。

     

     午前10時から整理券配布、

     先着50名が10時半から

     機械に実を入れたりハンド

     ルを回したりする搾油作業

     をを体験できるそうです。

     午後も1時から整理券配布

     1時半から搾油。

     3日間同じスケジュール

     とのことです。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     ショップに立ち寄りました。きれいです。

     

     せっかくなので右側のイートイン席で正面に搾油場を眺めながらお茶をします。 紅茶(オリーブリーフをブレンド)とバターの代わりにオリーブオイルを使って焼いたチーズケーキのセット660円なり。ビターのオリーブオイルがかけられています。

     

     後ろの壁を振り返ると、オリーブイルで獲得した賞が掲示してありました。

     

     ここにはオリーブオイルのソムリエ(資格保有者)も常駐しています。スタッフがフレンドリーになって、過ごしやすい雰囲気です。3連休初日は風が強そうですが、収穫祭はいかが?

    10月11日


    天空の鳥居 海を渡る蝶が舞う山

    0

       台風に見舞われた連休が明け、一足先に秋を感じようと倉岳山頂に出掛けました。

       出掛ける当日の管理人の裏庭には、毎年勝手に咲いている彼岸花やゼフィランサス、タマスダレが今年も咲いています。物心がついた頃からこの景色は変わらず。半世紀咲き続けています。

       

       裏庭が秋の装いを始めたら倉岳山頂はススキが見ごろになっている頃です。早速登ってみると予想的中。すすきの穂越しに長崎島原半島や上天草市湯島を望むことができました。

       

       松島方面を見ると、天城越え橋と一号橋が見え(下左)、その右には松島や維和島の風景が広がります(下右)。

       

       

       倉岳山頂にある『倉岳神社』。その鳥居越に見下ろす不知火海は絶景です。

       

       天空の鳥居の左横をヘリが通過していきました。

       

       山頂から牛深方面を見渡すと、矢筈岳越しにまるで富士山のミニチュアみたいな島が見えます。産島です。倉岳町や栖本町から見る産島はまるで富士山。この地方では産島のことを『天草富士』と呼びます。

       

       山頂のすぐ下には昔キャンプ場やバンガローがありました。名残の駐車場をゆっくり下っていると、いました。アサギマダラ。羽の中ほどの浅葱色(薄い青)が美しい蝶です。沖縄や台湾まで旅をするスーパー蝶々です。台風の直後だからか数が少ないように感じました。この日は3匹しか見つかりませんでした。

       

       

       天空の鳥居は秋たけなわ。風は涼しく爽やかです。  9月27日

       


      化石になった思い出〜2019夏休み

      0

         長かった夏休みも過ぎてみればあっという間でしたね。管理人は初めて御所浦で化石クルージングガイドを務めました。

         7月下旬。最初は研修生として先輩ガイドの船に同乗して先輩の説明を聞き、トーク内容を覚えました。2回目からお客様への説明を任され、覚えたての先輩ガイドの話題とタイミングをまねてみました。お客様は親子4人家族。でもお父さんの反応がいまいち。「説明なんてうぜー」オーラが漂っていましたが、化石採集場に着いたら目の色が変わりました。化石を探すのが待ち遠しくて仕方がなかったみたい。帰りの船では結構ご機嫌でした。う〜む、採石場までわくわく感を持続してもらうにはどうしたらいいか。お客様の本音は「早く化石探しに行きたい」。あれ?これって電車がトラブルで止まってしまった時の車内アナウンスの対応に似てるぞ。これから先のお楽しみ情報を事前にインプットすれば、乗客様は安心してワクワクしながら説明が聞けるはずだ。これだ!話し方を変えてみよっと!

         3回目のクルーズで9人のお客様を一人で担当することになりました。チャンス到来!! 自己紹介の後「皆さんの今日一番のお目当ては何ですか?」と聞いてみました。速攻で異口同音に「化石!」と返ってきました。「やっぱりそうですよね。分かりました。化石採集の時間を長く取れるように、途中の見学ポイントはサクッと説明して切り上げますね」。全員笑顔になりました。恐竜の骨と足跡が発見された場所に立ち寄るのですが、移動中にクイズを交えて説明しておいて、現地に船が着いて停止したら「これがその現場です。あそこの岩で見つかりました」程度。お客様も「途中はサクッと説明」と言われているので、聞き逃すまいとよく聞いて下さいます。事前情報が入っているので現地を見る興味が増し、前回誰も写真を撮らなかったのに、身を乗り出して写真撮影までしてます。前回と比べると反応がガラリと変わりました。

          Before「説明はいいから早く化石採集場に行ってよ」

          →After「化石採集優先にアレンジされてるから安心。楽しみだな」。

         一緒に化石タイムを過ごした皆様から下船の時にかけていただいた、『とても楽しかった!ありがとうございました』の言葉は私の中で化石になりました。『そう言っていただくと私も嬉しいです』。2時間程の短い時間でしたが、新しいお友達と一緒に楽しんでいる自分に気が付きました。

         

         化石となった思い出のシーンの数々。

         船を下りたら、ハンマーと資料を受け取ります。

         

         採石場跡地に着いたぞ!いざ採集!!

         

         おじいちゃんおばあちゃんと一緒に来た子も何人かいたな。みんな真剣! いいな。

         

         こんなちっちゃな子も一生懸命に探しました。「おじちゃん、これは?」と何度も聞いてくれました。たくさん見つかってよかったね!

         

         晴れの日ばかりじゃありません。土砂降りの雨が降っても「行くのは止めよう」という人はいませんでした。天気も熱意に動かされたようで採集が始まったら雨がピタっと止みました!

         

         白亜紀資料館そばの化石採集場でもガイドしました。

         

         恐竜発見現場ではこんな珍しい光景も。看板下の波打ち際の白いものにご注目。

        拡大してみます。カタクチイワシがたくさん岩に乗り上げてあばれているでしょう?

         

         僕も楽しかった。ありがとう!来年またみんなに会えるといいな。   9月6日


        化石クルージングin御所浦

        0

           土曜日から夏休みをお迎えの皆様、おめでとうございます!夏休みには是非天草を訪れて下さいね!今回はお子様連れのご家族の皆様に、子供が好きな化石の採集ができるツアーをご紹介します。

           すでにご紹介したとおり、御所浦では『世界のアンモナイト』展が開催されています(関連記事はこちら)。最寄りの棚底港にも幟旗がはためいています。

           

           余談ですが、御所浦は無人島(黒島)でキャンプができ(関連記事はこちら)、熊本県内から体験ツアーの小中学生が多く訪れます。この日も続々と御所浦港に小学生が上陸していました。キャンプファイアが楽しみだね!

           

           さて、化石クルージングについて紹介です。海上タクシーを使って、恐竜の足跡化石が発見された『弁天島』の現場、恐竜の化石が発見された京泊の現場を回り、化石採集場に上陸して化石を拾って帰ってくるというクルーズツアーです。今年は9月1日まで熊本県の事業で補助が出ていて、超格安の破格値で利用できます。

           9時半。この日は2艘の船が出ます。管理人が乗る船は2隻目。先頭の船が出て行きます。

           

           この日管理人が担当させていただくお客様です。お姉ちゃんと弟とそのご両親。

           

           恐竜の足跡化石が発見された「弁天島」です。先行の船が解説しています。次は僕らの番か。緊張するな・・・

           

           

           弁天島の化石発見現場です。

           

           次は京泊の「最初の恐竜の骨化石発見現場」に向かいます。見えてきました。国立公園の中にあるので、景観を保つ意味でで色の小さな看板しかたてられていません。上の写真と比較するとよく分かります。

           

           この日は管理人の船に地元TV局のカメラマンも同乗しました。テレビ神奈川の熊本版、と言えばおわかりいただけるのではないでしょうか。てゆーか、TV神奈川に取材に来て欲しい!

           

           御所浦島最南端の『ノサバ灯台』を見て化石採集場に向かいます。赤と白のツートンの灯台って、九州では2つしかないそうです。

           

           採石場手前の岩場に、なんと釣り人がへばり付いています!

           

           砕石場に上陸。

           

           さっそく化石をハンティング。化石ゴロゴロ!

           

           持ち帰った化石を鑑定してもらいたい人やクリーニングの基礎を学びたい方は白亜紀資料館でできます。  8月2日


          382年の時を経て再び?天草の乱!

          0

             近頃天草のあちこちで見かける『天草の乱』の幟旗。民衆の不満は382年ぶりに再び爆発するのか?

              

             

             天草市倉岳町浦の『ショップつるど』。地元で愛される小さな商店。WANIMAのKENTAくんやKO-SHINくんの出身地にあります。バーボンやウイスキーを積極的に仕入れていて、スコッチならジョニーウォーカーのブレンダーズバッチシリーズ、バーボンならAncient Age、アイリッシュウィスキーならブッシュミルズ、ジャパンならグレーンウィスキー知多といった、ちょっとレアな物も置いてある良い店です。意欲的な店がこんな田舎にもあるんです。倉岳に移住しても店頭でこんなスピリッツ買えますよ! ネット価格の最安値に近い値段の良心的なお店です。 ここにも幟旗があります。

             

             

             不思議なことに『パチンコ大和』前には幟旗がありません。

             

             代わりにポスターが貼ってありました。

             

             倉岳町棚底のお店にも別のポスターが。

             

             天草親善大使を務めるWANIMAの大きなボードが天草宝島観光協会前に。

             

             何と、江戸時代の天草島原の乱の後の天草を治めた「鈴木三公」が『天草の乱』の幟旗に取り囲まれていました!

             

             鈴木三公とは鈴木重成、正三、重辰の三公で、天草の民からは恩人としてあがめられている方々です。いずれも愛知県豊田市の則定というところの出身です。管理人は愛知県の豊田市に8年通っていました。その間に不思議なご縁で重成公の兄、鈴木正三公の菩提寺である『恩真寺』にお参りしたことがあります。こんな天草の乱だったら、三公とも笑って応援して下さることでしょう!

             乱は7月6日に決行予定。それに向けて地元は密かに準備中。幕府を揺るがす事態になるのか、今日の天草は嵐の前の静けさといったところです。     7月5日


            大理石の鍾乳洞でっせ!

            0

               天草の地下資源で、陶石や石灰岩は今も採掘されています。石灰岩は上天草市姫戸町で採掘されています。

               ここの石灰岩は結晶質石灰岩、いわゆる大理石です。大理石はマグマであっちっちになった石灰岩がゆっくり冷えて結晶質化したものです。鍾乳洞は石灰岩が地下水に溶かされてできた空洞ですから、成分が同じ大理石も地下水に溶かされて鍾乳洞ができます。上天草市姫戸町の『権現鍾乳洞』は大理石にできた鍾乳洞です。

               松島町合津から国道266号線を龍ヶ岳町方面に走るとボートメーカのヤマハ天草製造(場所はこちら)があります。ヤマハの正門と反対側の山に入口があります(場所はこちら)。下の写真の道路下の白屋根はヤマハ。正面の山の向こう側右斜面が石灰の採石場になっています。

               

               山道をくねくねと数ターンすると駐車場があり(下左)、展望台への階段があります(下右)。

               

               

               展望台から見ると対岸の海岸線は白いゴロタ石や砂で出来ています。大理石なんですねぇ。

               

               「権現」の石碑の隣を林に入って行きます。

               

               

               途中には白い大理石の石ころが無造作に転がっています。浜辺の石もきっとこれだ。

               

               薄暗い道をどんどん進むと、前方に急な階段と白い絶壁が現れます。

               

               これが『権現鍾乳洞』入口です。

               

               この洞窟を祠に見立てて普賢菩薩が祀られています。

               

               厨子の後ろの石筍の姿が観音様に見えます。ここを神聖な場所として考えるのも納得です。

               

               天井です。上の方にも空洞が続きます。地下水が豊富だったら、もっと規模が大きく発達したのでしょう。

               

               中で繋がっているかどうか分かりませんが、近くにも洞窟があります。

               

               帰りに振り返ってみました。こんな場所にある洞窟をよく見付けたものですね。

               

               帰りの道すがら、あちこちでクマノミズキが咲いていました。

               

               天草の代表的な地下資源は、堆積岩の中にマグマや熱水が入り込んで堆積岩の性質を変えたことて出来ています。天草陶石は熱水で砥石が変質したもの、無煙炭は熱で石炭を二度焼きしたことでできたもの、冒頭の通り大理石は石灰岩が熱で結晶質化したものです。こんな狭い地域にこれだけ多様な地質が存在する天草って、本当に面白いところです。 6月10日


              アゲインMVに見るWANIMAの原風景

              0

                 連休序盤、平成最後の月曜日をいかがお過ごしですか?

                 天草市倉岳町といえばWANIMAの松本くんと西田くんの出身地ですが、彼らが高校時代に演奏の練習をしていたパチンコ屋跡が今熱い!(場所はコチラ

                 

                 これまではただの廃墟でしたが、いつの間にかWANIMAファンの巡礼客が訪れるようになっていました。2月13日、業者っぽい車が資材を積んで来たり器材が集められたりしていたので何かあると思っていましたが、「アゲイン」のMVの撮影をしていたんだそうです。そのときの様子です。

                 翌日だったか当日だったか忘れましたが、トラックから木材をおろす若い作業員がいたのを見かけましたが、まさか本人たちだとは気が付きませんでした。KENTAくんのメッセージが貼られていました。

                 

                 入口には交流ノートが設置されています。

                 

                 中はMVの時のセットがそのままになっていました。

                 

                 連休前。臨時駐車場が用意され、

                 

                 地元のボランティアサポーターが運営する案内所が出来ていました。

                 

                 グッズも売られています。倉岳ピエロのWANIMAカラー(800円)が一番人気だそうです。

                 

                 見晴らしの良い原っぱもアゲインMVの舞台になっていますが、ここはパラグライダーTO(テイクオフ)で、天草Xアスロン大会のパラ技場のスタート地点です。倉岳山の7合目あたりにあります。下の写真はうららかな春の日曜日、ちょうどパラグライダーが空に飛び立ったところです。気持ちいいだろうなぁ・・・倉岳の空にはパラグライダーが飛んでいる姿がよく見られます。

                 

                 このパラTOからは緑の矢印が見えます。矢筈岳山麓にあります。

                 

                 ちなみにMVで、干潟に伸びる道路と電柱をバックにしたシーンがありますが、あれは熊本県宇土市にある住吉海浜公園ですね。でもここで満足してはいけません。まだ連休の序盤です。パチンコ大和と倉岳パラTOまで行かなくっちゃ!  4月29日

                ぜひランキングにワンクリックお願いします!

                人気ブログランキングへ


                << | 2/8PAGES | >>

                プロフィール

                管理人のたかぴーです。2017年、定年を待たず少〜しだけ早く退職して天草に移住しました。東京での生活が正常だと思っていたのが間違いだった。とりわけコロナで過密都市の恐ろしさを実感している所です。ここ天草はWithoutコロナ生活を送れるパラダイス。是非お越し下さい。

                最新の記事

                カテゴリー

                calendar

                S M T W T F S
                      1
                2345678
                9101112131415
                16171819202122
                23242526272829
                3031     
                << August 2020 >>

                ☟ブログランキングやってます

                天草への移住情報

                Twitter

                archives

                recent comment

                links

                search this site.

                others

                mobile

                qrcode