コロナ禍に梅雨の盲点

0

     今年の梅雨は長く激しかった。毎日のように大雨が降り各地で大きな被害が出た。大量の水と流木が八代海や有明海に流れ込んだ。八代海沿岸の宇城市では港が流木で塞がれていた。島原では海水塩分濃度が極端に低下して養殖アワビの稚貝が全滅するという被害も出た。連日の雨と湿気で住宅ではカビ被害が多発した。我が家もそうだった。ここにWithoutコロナ生活の盲点があった

     

     筆者は2018年11月17日に天草と東京との気軽な二重生活を紹介した(記事はこちら)。南多摩の自宅は残し、手入れを兼ねて年に数回LCCを使って戻っていた。オリンピックなどのイベントの際にはベースキャンプにするつもりだった。ところが今年1月に戻った直後、新型コロナがやって来て、以降戻れなくなった。そこにこの長雨だ。天草の自宅では客間の畳がカビの被害に遭った。ご近所でも普段使わない部屋が青くなるほどのカビ被害が出ている。半年も締め切った多摩の自宅は大丈夫だろうか? 大丈夫なはずはなかろう。7月の東京は雨が降らなかった日はわずか1日。天草より条件は厳しいかもしれない。グズグズしていられない。住めなくなる前に手入れしなくては!

     

     妻と一緒に車で戻る決心をした。南多摩地区は23区に比べると新型コロナ感染者は少ないが、感染拡大中の東京であることに変わりない。自分たちの感染防止もさることながら、高齢者が多い天草にウィルスを持ち帰ることは絶対に避けなければならない。そこで、家の手入れが終わったら2週間家に籠って外部との接触を断ち、その間体温・味覚・嗅覚・咳・喉の痛み・倦怠感・頭痛・筋肉や関節の痛み、に異常が無ければウィルスなしとして天草まで一気に戻ることにした。

     

     体力を考えて行きはフェリーを使うことにした。個室に籠っで大阪まで行き、車を下りずにまっすぐ東京に向かう。午前中に天草を発って新門司港に向かった。ICを降り、コンビニでお弁当と飲み物を調達してクーラーバッグに入れ、港に着いた。乗船前には全員サーモグラフィーの検温チェックを受ける。レジに並ぶのと同じで距離を取って並んで受ける。でも人はまばらで3密(集・近・閉)にはなってない。WEB決済しているから車窓からQRコードをかざして非接触でチェックイン。窓を閉めたまま乗船する。コンテナやトラックも少なめだが、平日とはいえマイカーは17台しかいなかった。天草の御所浦フェリーより少ない。事態は深刻だ。

     乗船して展望ラウンジを通って個室に行く。展望ラウンジは海に向かって横一列に座る構造なので、おしゃべりしない限り飛沫感染リスクは極めて低いと思われるが、それでも座席を間引いて間隔を取っていた。細かなところまで感染対策がなされている。フロントで鍵を受け通り、アルコール消毒して抗菌加工が完了したばかりの個室に入る。入ってまた手洗い、消毒。

     お弁当を食べている間に日が落ちて、出航の銅鑼が鳴った。やがて蛍の光が流れる中、船はゆっくり桟橋を離れて行く。ターミナルビル前にはフェリー会社の窓口係の皆さんや誘導員の皆さんが総出でペンライトを振りながら見送ってくれた。コロナ禍に一生懸命耐えている人たちの姿に、目頭が熱くなった。「行って来ます。お互い頑張ろうね!

     

     

     翌朝、車で下船してそのまま東京に向かった。阪神高速から名神、新名神、伊勢湾岸道、新東名、圏央道を一気に走って夕方に自宅に着いた。予想通り、多摩の家はカビが出てはいたものの、幸いなことに恐れていたような悲惨な状態には至ってなかった。すぐにエタノールで消毒しながら家中を拭いて寝る場所を確保した。洗濯槽にもカビの被害があったのでその日のうちにアリエールで洗浄した。

     翌日は食器棚と織機をはじめとして家中の清掃と消毒、土まみれになりながら庭や家の周りの草むしり。空いている時間帯を見計らって食料品の買い出しにも出た。買い物の頻度を減らすために缶詰や冷凍食品も多めに調達した。

     

     いよいよ巣ごもり生活開始。東北大学名誉教授の賀来先生監修の『新型コロナ感染症 市民向け感染予防ハンドブック』を参考に検温記録も日に2回実施。手洗いやドアノブの都度消毒はもちろんだが、買い物先も新宿方面の通勤客が多く立ち寄る駅前のスーパーを避けるなど、独自に工夫も。車をシェルター代わりに使うので車のドアノブとハンドルも都度エタノール消毒する。オーストラリアの外出規制に『散歩は一日1時間以内で5km以内』とあるので、これもガイドラインにした。でもこれまで一回しか出ていない。感染症対策分科会によれば「野外を歩いていたり、感染対策を取っている店舗での買い物や食事、換気されている電車での通勤・通学でのマイクロ飛沫感染の可能性は限定的」とのことなので、今やっている対策で十二分なはずだ。

     

     東京での巣ごもり生活はまだ続いている。たとえ新型コロナに罹らなくても、こんな生活を続けていればそのうち体調を崩してしまいそうだ。『田舎に暮らしてたまに息抜きにひょいと東京に飛ぶ』。もう出来なくなってしまうのだろうか?苦悩の巣ごもりは続く・・・  2020年8月7日


    Withoutコロナ窓辺のリトルワールド

    0

       やっと梅雨明けしたらしい。今年は長かった。毎日のように雨が降ったこの2ヶ月は意識しなくても巣ごもり時間が長くなった。窓の外を眺める時間も長かった。おかげでそこで繰り広げられる生き物たちのリトルワールドを楽しめた。

       

       窓の外に梅の木がある。そこにホオジロの♂が来ておしゃれを始めた。ワキのニオイが気になる?

       

       

       正面から見たら面白い顔

       

       

       木の下ではお母さんホオジロが新居の材料を集めていた。

       

       

       夕方になるとアゲハチョウが今夜の寝床を探しに来る。倉岳町棚底地区は石垣の町。我が家にももれなく石垣があるが、ちょうどよい風よけになるらしく、毎日何匹もやって来る。

       

       

       その日によってベスト条件の場所があるらしく、必ず同じ木に集まって”場所取り合戦”をしている。折り合いがつけば相部屋も。

       

       

       石垣にはカニも住んでいる。雨が続くある夕方、石垣から顔を出したところ。

        

       

       風呂場のガラス窓にはヤモさん(ヤモリ)がやってくる。明かりに寄ってくる虫を捕まえてくれる良いヤツだ。去年も来てたが今年は一回り大きくなってた。

       

       どうしてヤモリはガラスでも天井でも平気で歩けるんだろう?そのメカニズムが解明されたのは今世紀に入ってからなんだとか。手足の特殊な構造で”ファンデルワールス力”という分子間力を利用しているそうだ(参考動画はこちら)。生物の持つ優れた機能や構造をまねて、ものづくりや技術開発に活かそうという『バイオミメティクス』という分野がある。日東電工が「ヤモリテープ」なる製品を開発中だそうだが、完成したらスパイダーマンが実現できるかもしれない。ちなみにヤモリの顔はポケモンの”ヒトカゲ”そっくり。

       

       窓から見える”小さな生き物の世界”は案外奥が深い。 2020年7月31日


      海の日特集 Go To 天草

      0

         今日は海の日。今週は一日早めに海にまつわるトピックスをお届けしたいと思う。

         Go Toキャンペーンが始まった7月22日。天草市倉岳町の『えびすビーチ』では地元の幼稚園児たちが水遊びを楽しんでた。

         

         

         海の日にはここで『天草Xアスロン大会』が予定されていたが、コロナ感染拡大のため中止となった。でもこうして人が訪れて楽しんでいる。何よりだ。今月上旬の大雨で海に流れ込んだ大量のゴミがビーチにも漂着していて、回収している担当者の姿も。

         下の2枚の写真を見てほしい。左が梅雨入り直前の6月10日の棚底湾。右が人吉や芦北で大きな被害が出た7月4日の夕方の棚底湾。こんなに色が違ってしまった。

          

         

         梅雨の中休みの日曜日の午前。天草市倉岳町と栖本町の境の海。ここで令和の時代とは思えないワンシーンに遭遇した。何と、櫓漕ぎ舟が3艘並んで釣りをしていたのだ!

         

         今から半世紀前の昭和40年代には多くの櫓漕ぎ舟が活躍していた。その当時普通に見られた光景が今目の前にある。別に何かの撮影でもなく、現役の皆さんが偶然揃ったようだ。懐かしいような嬉しいような不思議な感情が湧いてくる。

         

         海で魚を獲るのは人間だけではない。魚専門の空のハンター、ミサゴもそうだ。上天草市大矢野町の有明海側。ミサゴが波の中に立っていた。羽でバランスを取りながら踏ん張っているみたい。

          

         

         足元に獲物がいるみたいだ。そうか!魚を〆ていたんだ。動かなくなったかな?

         

         

         あっ! 飛んだ! 大きな魚! きっと今日の夕飯だ。

         

         

         帰りを待つ家族の元へと飛んで行った。

         

         

         海辺を走っていると色んな景色に出会える。  2020年7月23日


        あをによし あま草島は古呂奈なく はまぼうの花 今盛りなり

        0

           万葉集風にタイトルを付けてみた。「あをによし」は奈良を指す枕詞じゃないかって?い〜んです!語呂が合えば。

           

           7月に入って『ハマボウ』のレモンイエローの美しい花が咲き始めた。

           

           

           ハマボウは、三浦半島から奄美諸島までの海辺に自生するアオイ科の落葉樹で塩分に強い。天草市の市の花。日本原産のハイビスカスで学名も”Hibiscus hamabo”。 とにかく色がきれい。近くに咲いていたハイビスカスと比べるとこんな感じ。

           

           

           満潮に海水が入るような湿地を好むが、全国的に護岸工事等により自生地が激減し、大阪府などでは絶滅したと言われる。ここ天草では幸なことに大小いくつかの自生地(群生地)が残っている。次の世代のために保護したい植物だ。塩分がなくても良く育つので、天草では街路樹として国道324号沿線に多く植えられている。

           

           熊本方面から国道324号を走り、3号橋を渡ってすぐ右。”休憩所”と書かれた駐車場がある。ここは大池島。車を降りて大きなアコウの木の下から海を見ると、砂浜沿いにハマボウが数十株群生している。

           

           このあたりの国道には右に左にもポツポツと自生のハマボウが咲いている。

           

           5号橋を渡って一般国道を1分走ったら、左前方に『ゆめマート』や松島総合センター『アロマ』が見えて来る(すでにハマボウも見えているが)。

           

           『合津交差点』の信号で左折して266号線に入ると、アロマ側(右側)にはハマボウが群生している。

           

           

           隣接する松島運動公園まで続いている。

           

           

           ここから上天草市役所松島庁舎の先にかけて川続きになっていて、途切れ途切れだが群落がいくつもみられる。ゆめマートは広い駐車場があるので、車を置いてお茶とお菓子を買って歩こう。15分もあれば回れる距離だ。

           

           合津からさらに国道324号線を本渡方面に5分程走ると天草市有明町大浦に入る。国道の右手に湿地があってハマボウが群生している(このあたり)。湿地はサギたちが大好き。観ていたらアオサギが来て止まった。

           

           

           天草市有明町は国道324号沿線に街路樹としてハマボウを植えているのでこの時期はドライブが楽しい。薄ピンクのネムノキの花と薄黄色のハマボウの花のハーモニーも見られる(場所はこちら)。

           

           

           WANIMAの出身地の倉岳町にも群生地がある。彼らの高校時代のバンド練習場だったパチンコ店跡(場所はこちら)近く、国道266号線と県道59号線の三叉路付近の湿地に群生している。

           

           

           ここにも湿地好きのアオサギとシラサギがいるが、この日はシラサギが3羽。

           

           

           そして一番有名な群生地は天草市新和町(場所はこちら)。3haの湿地に12000株が群生しているそうだ。駐車場も整備されていて、遊歩道もある。

            

           

           遊歩道に入るといきなりアオサギが飛び立った。大きな声で「ギャーッ!」と叫ぶので聞いたらびっくりするかも! 

           

           

           間近で見たハマボウの花。朝咲いたら夜にはしぼんでオレンジ色になる。

           

           

           一本の木にはこんなに花が咲いている。

           

           

           12000株あるというが、どうやって数えたんだろう?一本にこれだけ花が咲けば全体でいったい何輪の花が咲いているんだろう?毎日代わり番こに咲いているならシーズン中何輪の花が咲くんだろう?いずれにしてもすごい群落だ・・・

           

           

           

           

           新和町では今年7月17日から25日まではまぼう観察週間」が開催され、土日にはおもてなし隊によるガイドも行われるそう(詳細はこちら)。  2020年7月17日


          釣りに忍び寄るコロナの影

          0

             新型コロナウィルスとWithoutな生活をしていても、影響は暮らしに及んでいる。漁業にも暗い影を落としている。宴会や宿泊需要が蒸発してしまったため魚がだぶつき、養殖魚はもとより天然物ですら値が付かない。5月連休頃は天然鯛の浜値(海産物が水揚げ地で取り引きされる値段)がキロ300円(普段は千円以上)まで下落し、5月下旬には買い手がつかなくなったという。ダイヤモンドオンラインによると、真鯛の卸値がキロ10円になった地域もあるとか。

             6月に入るとおかしな事が起き始めた。急に鯛が釣れだしたというのだ。しかも30cm位で型が揃っていて、養殖場の近くほど良く釣れるという。噂では養殖業者が引き取り手のない鯛を『放流』してエサ代を抑え始めたらしいという。あり得ない話ではない。

             先日久しぶりに活きエビが手に入ったので釣りに出掛けた。この時期にしては鯛が良く釣れるが、しっぽの形や鼻孔の形から「養殖由来」っぽい。天然物は内臓脂肪がほとんどないので捌いてみると正確に分かる。翌日も同じポイントに出掛けたがほとんどが鯛。結局2日間で3.7kgを筆頭に2.1kg一枚、他9枚、計11枚の鯛が釣れたが、天然物はこのうち1枚だけだった。噂は本当かも・・・

             幸い、一番大きい鯛が天然物だった。きれいなしっぽだ。捌いてみても内臓脂肪はない。

             

             ただ大物過ぎて家族4人では食べきれないので、半身を親戚にお裾分け。お土産に収穫したばかりのトウモロコシをいただいた。

             

             鯛以外にはオニオコゼが釣れた。32cm740g。オコゼとしては良型だ。この高級魚ですら今は300円しないだろう(売る気はないからいいんだけど)・・・

             

             

             鯛も4キロ近くなるとウロコも大人の親指の爪よりでかい。透かして見ると縞模様が見える。

             

             

             昔理科でウロコで魚の年齢が分かると教わったことを思い出し、この鯛の年齢を調べてみたくなった。ウロコを撮影して上天草市にある熊本県水産研究センター(場所はこちら)に持ち込んで聞いてみた。

             受付で趣旨を話すとすぐ研究者を呼んでくれた。「ウロコは剥がれることがあるので正確とは言えず、正確な魚齢を知るには耳石をカットして調べる」ということだ。ウロコはあくまで目安だが、木の年輪みたいに筋ができるのでそれを数えればよいそうだ。写真の黒い線の数がほぼその魚の年齢だそうで、この鯛は6歳程らしい。孫より年上だった。恐れ入りました!

             

             

             ところで新型コロナの影響で価格が暴落しているという割に、店頭に並ぶ魚の値段は変わらないと感じられる方も多いだろう。そのからくりを先述のダイヤモンドオンラインで解説していた。分かりやすいのでご一読を(記事はこちら)。

             漁に出る人は回数を減らしたりして燃料費やエサ代を抑えるが、養殖はそうはいかない。下の写真を見て欲しい。

             

             船一杯にエサを積んだ船が何隻も出て毎日魚に与えている。生き物が相手だけにエサ抜きとはいかないのだ・・・

             皆さん、夕食に鯛料理を一品追加しませんか?  2020年7月10日


            Withoutコロナ生活 サギが狙ってるよ!

            0

               東京で新型コロナウィルスの感染者がまた三桁に逆戻り。夜の歓楽街を中心に"感染の輪"が広がっているらしい。従業員でも客でも、出入りしたことを隠す人がいればそこで『感染経路不明』となってしまい、トレースできない。仮に1万人にたった一人、こんな人がいたとしても東京には1400人いる計算になる。「でも横浜にもいるでしょ?」「浦和にも」・・・

               感染リスクに怯えながら暮らすより、いっそのこと人と濃厚接触しなくて済む『Withoutコロナ』生活に切り替えたらどうだろう。一足早く天草で”Withoutコロナ生活”に入った一人として、そのワンシーンをレポートする。

               

               ボートで釣りをしている時のこと。近くの船で漁師の夫婦が仕掛けた網を回収していた。その船の一番後ろにアオサギが来て止まった。

               

               

               船の二人は気付いてない。サギはそろそろと魚の方に近づいて行く。

               

               おっと、奥さんが気付いて追っ払った。きっと以前に魚を”失敬”されたことがあるのだろう。こんな感じで、ちょっと人をおちょくったようなヤツが時々いる。

               

               こんなヤツもいる。防波堤の釣り人は雑魚を釣った時に猫や鳥に投げ与える人がいる。それを知ってて近くで待っているアオサギ。

               

               こんなことされると何か分けてあげたい気分になっちゃうのが人情だろう。

               

               アオサギは元々警戒心の強い鳥だ。例えば下の写真。定置網のロープの上に乗って小魚を狙っているヤツがいたが、100m以上離れたところから撮影する私の気配を感じて警戒し始めた。

               

               

               ちょっと動いたら逃げだした。羽が黒っぽいけどアオサギだ。

               

               こんな鳥がどうして人に近づくようになるのか。何かきっかけがあって学習したんだろうが、それは何だろう?

               ちなみにこの日はアジがたくさん釣れたが、私のボートには失敬しには来なかった。

               

               

               たくさん釣れたら親戚の農家にお裾分け。お土産に晩柑をいただいた。

               

               出荷用のべっぴんさんより器量は劣るが、味は一級品。他にも季節ごとに新鮮な作物も分けてくれる。まさにWIN-WINの関係だ。

               Withoutコロナ生活は食生活も豊かになる。     2020年7月3日


              | 1/28PAGES | >>

              プロフィール

              管理人のたかぴーです。2017年、定年を待たず少〜しだけ早く退職して天草に移住しました。東京での生活が正常だと思っていたのが間違いだった。とりわけコロナで過密都市の恐ろしさを実感している所です。ここ天草はWithoutコロナ生活を送れるパラダイス。是非お越し下さい。

              最新の記事

              カテゴリー

              calendar

              S M T W T F S
                    1
              2345678
              9101112131415
              16171819202122
              23242526272829
              3031     
              << August 2020 >>

              ☟ブログランキングやってます

              天草への移住情報

              Twitter

              archives

              recent comment

              links

              search this site.

              others

              mobile

              qrcode