台風と天草東海岸

0

     天草には台風がよく来ます。住むことを考えると台風が気になる方も多いでしょうからその点についてご紹介します。

     天草の東海岸(天草市栖本町、倉岳町、御所浦町、龍ヶ岳町)は多くの島に囲まれているので比較的安全です。姫戸町は南からの風の時に高潮が発生しやすい地区があるので、その点は注意が必要です。海は内海の中でも特に穏やかな方ですから、台風が接近するといろんな船が避難してきます。今は台風25号が来ているところなので、先週の台風24号の時の様子をご紹介します。

     風がピークの時の様子です。危険で外には出られないので、二階の雨戸を少し開けて海の様子を撮影しました。日頃の穏やかな海がしぶきを上げています。でも風が吹き渡る距離が島々に中断されて短いので、波高は高くなりません。しぶきが煙のように上がる程風が強くても、波が低いのがお分かりになると思います。

     

     御所浦方面に目を向けると、しぶきで煙っていて海が見えません。かろうじて島の輪郭が見えています。でも波高はあまり変わりません。

     

     

     台風が抜けて穏やかになった午後。避難船をチェックに行きました。まず天草市倉岳町宮田から新和町方面をみたときの風景です(ここら辺から見た写真)。フェリーと天草富士とのコントラストがいいでしょう?

     

     

     次に天草市栖本町まで来ました(ここら辺から見た写真)。目の前にある鹿児島県の獅子島の手前に客船が2隻避難していました。煙突に丸一マークが入った船とM-LINEという文字が書かれた船が見えます。客船かフェリーですね。向こうの陸地は獅子島です。

     

     

     獅子島の左側にはクジラみたいな「おっとっ島」が見えるのですが、船と島との位置関係があまりかっこよくなかったので割愛します。

     天草市新和町を対岸に望む同市下浦町にやってきました(ここら辺から見た写真)。島陰に水産庁の船を見つけました。浅瀬にはカモメが群れています。

     

     

     島の右側です。向こう側は天草市新和町。ここは台風避難スポットです。今回は海上保安庁の警備艇と長島フェリーと島原フェリーが勢ぞろい。とても珍しい光景です。

     

     

     天草でも台風は怖いけど波はあまり高くありません。それどころかいろんな船が集まるので、ちょっと不謹慎ですが船が好きな人にはわくわくスポットです。

     うちに帰ってみると、もう「ざる猫」がお気に入りのざるの中で寝ていました。

     

     天草は猫を飼わなくても、野良猫がなついていて毎日遊びに来ます。台風が来たこの日も意外と平和でした。      10月6日


    コメント
    コメントする








       

    プロフィール

    管理人のたかぴーです。2017年、定年を待たず少〜しだけ早く退職して天草に移住しました。東京での生活が正常だと思っていたのが間違いだった。とりわけコロナで過密都市の恐ろしさを実感している所です。ここ天草はWithoutコロナ生活を送れるパラダイス。是非お越し下さい。

    最新の記事

    カテゴリー

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>

    ☟ブログランキングやってます

    天草への移住情報

    Twitter

    archives

    recent comment

    links

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode