島でサイクリングって最高!!

0

     島、中でも離島でのサイクリングは格別! 空気も景色もうまいし車がほとんど通らないのでストレスフリー! 電動アシスト自転車を借りれば膝に爆弾を抱える私だって膝ストレスフリーで坂道も山道もへっちゃら。これを試さない手はありません!!

     御所浦のしおさい館にレンタサイクルがあるのをご存知? 7月22日の熊本日日新聞に、天草の11か所に電動アシストサイクルが配置されたという記事が出ていました。主催の天草雇用協のHPに御所浦にも配置されている、とあったので早速試しに出かけました。「ぶらり途中下船の旅」で横浦島を歩いて回った時、自転車があればいいのになと感じていたところだったので、ちょうどいいタイミングです。私にとって謎の島、まだ行ったことがない牧島に行ってみます。

     いつものように棚底港から出発します。棚底港には有料駐車場があります(12時間100円)。ここに車を置いて9時55分発の『フェリー御所浦』を待ちます。

     

     旅客待合室には化石の標本がいくつか置いてあります。珪化木の前にチケットを置いて記念撮影。御所浦まで400円。東京から三鷹くらいの運賃です。

     フェリーの客室は夏休みの子供連れで混雑しています。海上で警備艇のような船とすれ違いました(下)。

     

     

     龍ヶ岳町大道(おおどう)の沖合でたくさんの漁船がスパンカー(船の後ろにある旗みたいな帆)を立てて漁をしています。何が捕れるのでしょうか。まるで五和町の「とさかのり漁」みたい。

     

     船は最初の寄港地、横浦島の与一ヶ浦港に泊まります。

     

     港に近づくと灯台の日陰にちびっ子釣り師がいました。お母さんとお兄ちゃんと妹みたい。お父さんは灯台の向こう側かな?

     待ちに待った夏休み。楽しみにしてたんだよね。きっとお父さんとお母さんだって君たちとゆっくり釣りに出られる夏休みが待ち遠しかったんだよ。みんなで楽しんでね。

     

     

     

     

     

     御所浦港に着き、港の目の前にある『しおさい館』に行きましたが・・・レジにレンタサイクルの文字は見つからず、レジには列ができてて聞こうにも聞けず。受付を探してぐるりと一周。裏手にそれらしき白いヤマハパッソルを発見。『レンタサイクル』のちっこい張り紙も見つけました。戻るとレジは一段落。「裏にある自転車貸してください」。「電動と普通のがありますが」。新聞は電動アシストしかないように書いてたけど種類があるんだ。電動がお目当なので迷わず「電動」。運転免許証を出して手続き。2時間で500円コースを選びました。ところで電動アシストってどう扱うのかなぁ? 「いってらっしゃい!地図も付けますね」 え?説明もなしでいきなり出発? ま、いいか。使い方くらい分かるさ。出発!

     

     

     ちょっと踏み込めば「スッ」と先に進みます。気持ちいいのか悪いのか微妙な感覚ですが、確かに自転車は踏み込みを「アシスト」してくれます。変速機の位置を変えたりモードを切り替えたり。へ〜?ほ〜!、面白い!とか言っているうちに図書館に到着。奇天烈な建物ですが、これは税金でなく篤志家の寄付で建てられたものだそうです。

     

     恐竜の化石産出で知られる御所浦町にはモニュメントがあちこちにあります。

     図書館の隣にもいました。でもどれが御所浦で見つかったもので、どれが単なる参考展示なのか、説明書きを読まないとわかりません。レンタル時間を2時間にしたのでゆっくり読んでいる時間がありません(あるかもしれませんが、心に余裕がありません・・・)。レンタサイクルは時間に余裕をもって借りた方がよいようです。

     

     

     牧島には『中瀬戸橋』を渡っていきますが、橋が頭上に見えているのにどこに橋の入り口があるか分かりません。迷いながら橋の下をくぐると標識が見えてきました(このへん)。
     どうやって橋につながるのか、初めて渡る人には少し不親切かも。橋の少し手前に「牧島方面〇m先右折」とでも書いてあれば安心なのにね。「一見さんお断り」みたいな雰囲気です。

     

     

     

     

     橋を渡ります。普通の自転車なら怯む(ひるむ)ところでしょうけど、電動アシスト自転車では超らくちん!楽しすぎ!橋の真ん中で西の方を見れば下右のような景色が広がります。橋の上は「釣り禁止」だそうです。

     

     

     橋の向こう側にもまた恐竜のモニュメントがありました。解説は詳しく読んでいません。近くのニガキ化石公園に立ち寄り、いかに御所浦が化石の多い町かをうかがい知ることができました。公園のメンテ係の人が声をかけてくれました。「何かめぼしかもんがあったですか?」「はい、結構ありますよ」「地元んもんにゃ何が良かっか、いっちょん分かりません」。なら聞くな。

     

     

     不思議な愛想の声を掛けられた後、本格的に謎の島牧島探検です。いきなり現れました。離島にバス停があるんだ! しかも天然記念物の樹齢300年のあこうの樹の隣! でもストリートビューにはバス停はありませんでした(これ見て)。最近出来たみたい。

     

     

     アンモナイト記念館を目指します。なんとトンネルがあります。しかも2車線!天草西海岸の国道トンネルより立派です。中を抜けたら・・・すんげーいい景色! これ、海?湖?池?

     

     

     フィヨルドみたいな入り江を進むと、櫓(ろ)がずらり!(場所はこちら)。和舟もずらり。私が子供の頃岸から沖の旅客船まで乗せてくれた『はしけ』はこの舟でした。お久しぶり!って感じ。御所浦で和舟の櫓漕ぎ体験をしているという噂は聞いていましたが、きっとこれですね。こんな静かな入り江で体験できるなんて最高だよね!

     

     いいなぁ牧島は! さて次はどこに行こうかと地図を見ても地図には何も書いてありません。実際に走れば地図では表わせない素敵な風景があります。牧島は変化に富んでいて、全行程目が離せません。おっと次のトンネルが現れました。この向こうにアンモナイト館があるらしい。さすがにアンモナイト館は地図にもありますけどね!

     

     

     トンネルくぐってちょっと。アンモナイト記念館にとうちゃこ。昔から当たり前にそこにあったアンモナイトの実物です! これも天然記念物。光ってるのはCDケースです(スケール代わり)。

     

     

     日本の近代化遺産(三角西港をを含む)は津より先に世界遺産登録されましたが、かつての産業遺構は天草にもあります。何気なくサイクリングしていたら、海から続くレールを見つけました(場所はこちら)。

     割と最近までいりこ加工場を営んでいた網元なのでしょう。棚底にも40年前には2軒の加工場がありました。

     廃業後に護岸工事が始まり、レールの軌道をつぶしていいか問い詰められたことでしょう。「もう”いりこ”はやめたけん、よかよ」という声が聞こえてきそうです。正面の加工場まで続いていたレールは、ついに下の写真のように堤防に中断されてしまいました。島の産業の歴史ですね。
     

     

     しばらく瀬戸内海を巡るような景色が続きます。堤防越しの風景が素晴らしい。よく見ると瀬戸内海とは島の高さが違います。切り立った海岸線、上陸を拒むような険しい地形。これが長崎と天草のキリシタンを守った地形なのかもしれません。下右は黒島と瓢箪島。『ひょうたん』と言えば可愛く響きますが、岸は海から垂直に立ち上がり、簡単には上陸できません。

      

     

     レンタサイクル返却の時間が近づいてきました。そろそろ牧島トリップは終わり、でも牧島最高!この海の景色はいったい何なんだ・・・『牧歌的』を海に当てはめれば何と言えばいいのでしょう?どなたかよい言葉を教えて下さい!

     

     終点の田の尻地区に来ました。自転車もお疲れさん! ここまで一時間半。しおさい館に帰るとちょうど2時間かな。

     

     

     エメラルドグリーンを帯びた青い海を渡ってくる風は心地よい・・・体力に自信がなくても電動アシストサイクルで楽々サイクリング。定年が何だ!これからAuthentic lifeをEnjoyすればいいじゃないか。膝が心配?大丈夫!電動アシスト自転車でもカヤックでも、膝ストレスフリー。天草に住んだらこんな夢のような日常をその手にゲッツ! ほんとうですよ。  8月4日


    コメント
    コメントする








       

    プロフィール

    管理人のたかぴーです。 2017年から天草市倉岳町に住んでいます。天草は訪れてよし、遊んでよし、そのまま住みついたらなおよし。今年からモーターボートでクルージングサービスを始めました。実は天草は海だけではありません。ハイキングやトレッキングによい山がいっぱい。登れば海を見渡す絶景がセット。そんな天草でサラリーマン卒業後を余生でなく「新しい人生」にしましょう!

    最新の記事

    カテゴリー

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>

    いらっしゃいませ!

    ☟ブログランキングやってます

    天草への移住情報

    Twitter

    archives

    recent comment

    links

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode