海辺に戻りつつある日常

0

     講談社の『Day to Day』という連載企画がある。毎日違う作家が書き下ろし文を寄稿していて面白い。ご興味のある方はご一読を(こんな短編も)。

     さて4月の緊急事態宣言を受けて海岸から人の気配が消えていた天草。それもそのはず、ゴールデンウィーク中は日に3回も防災無線で『屋外のレジャーを自粛して、釣りや潮干狩り、キャンプなどはしないで下さい』と繰り返し放送していた。広報カーでも海岸を巡回する念の入れよう。堤防には『コロナ感染防止のため当分封鎖』という張り紙がされ、三角コーンで立ち入りを禁じていた。釣り人からは『どうして釣りばかり目の敵にするのか』という恨み節も聞かれたくらいだ。

     その甲斐あって、天草からは一人の感染者も出さずに宣言が解除された。放送も張り紙もコーンもなくなった。そして迎えた大潮。天草の海辺を訪ねてみた。

     午前中は満潮の時間帯だ。宮田漁港の堤防には、久しぶりに釣り人の姿が戻った。

     

     

     栖本町との境の海には3週間ぶりにカーボンフリーな櫓漕ぎのおじいさんの姿も戻った。自粛の必要などなかったと思うが、いわゆる”同調圧力”が働いたのか。でも元気そうでよかった! 背景の富士山は産島(地元では”天草富士”と呼ぶ)。

     

     

     えびすビーチでは早くも泳いでいる子供たちがいた。

     

     

     あちこちの堤防に親子の姿が戻っている。長い自粛は辛かったよね・・・

      

     

     午後は干潮の時間帯。海から顔を出した瀬にも磯釣り人の姿が戻った。

     

     

     えびすビーチには潮だまりの生き物を獲っている子供たちがいた。理科の宿題かな?

     

     

     釣りの次に目の敵にされていた潮干狩りはどうだろう。地元の磯にはカキや海藻を採っている人がいたが、潮干狩りの本場、本渡瀬戸に行ってみた。おー、いるいる。何か所か人の群れがある。

     

     

     団体からちょっと離れたところに親子連れの姿。子供たちも楽しそう。よかったね! 向こうには建設中の瀬戸大橋工事の航路監視船が見える。

     

     

     有明方面に目を向けるとおじさんの後ろについて行く子供達。「はよけ!(早くおいで!)」これから獲り方を教えるらしい。その向こうには砂の縞模様がきれいに並んでいる。

     

     

     干上がると本当に狭い本渡瀬戸。砂州に囲まれた狭い航路を、御所浦行きの栄久丸が行く。まるで砂の中を走ってるみたい。

     

     

     みんな海に出たくてうずうずしてたんだね。子供の姿がないと天草の海らしくないよ。みんなよく我慢したね! 2020年5月29日


    コメント
    管理者の承認待ちコメントです。
    • -
    • 2020/05/31 6:51 PM
    コメントする








       

    プロフィール

    管理人のたかぴーです。2017年、定年を待たず少〜しだけ早く退職して天草に移住しました。東京での生活が正常だと思っていたのが間違いだった。とりわけコロナで過密都市の恐ろしさを実感している所です。ここ天草はWithoutコロナ生活を送れるパラダイス。是非お越し下さい。

    最新の記事

    カテゴリー

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>

    ☟ブログランキングやってます

    天草への移住情報

    Twitter

    archives

    recent comment

    links

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode