五足の靴を二足で巡る

0

     疫病に罹らないようにと室内に居るばかりでは体に良くない。 換気がよく・人が密集せず・近距離で会話や発声しない 所を歩いて健康増進に努めようと二人で出かけた。

     本渡方面から国道266号を牛深方面に走り、県道24号線(本渡下田線)に入って約20分。天草西海岸の下田温泉に『五足の靴 文学遊歩道』がある。国道開通前の旧道を遊歩道として保存したものだ。『五足の靴』は新詩社同人の北原白秋はじめ若い詩人4人と与謝野寛の5人が綴った紀行文(岩波文庫「緑177-1」)にちなんでいる(関連記事はこちら)。実際に彼らが歩いた道とのことだ。

     入口に絵が描かれている「下田トンネル」を抜けて国道389号に突き当たって左折してすぐ。遊歩道入口の看板がある。上ると駐車場(場所はこちら)。

      

     

     ここ下田北は昔「下津深江」と呼ばれていたそうだ。『五足の靴』の一行は富岡から海路下津深江入りし、大江まで歩いた。その足跡をたどる道だ。 

      

     

     ここからスタート。

     

     

     分かりやすい標識があるし、100mごとに道標がある。

      

     北原白秋ら5人はここから高浜に至るまで険しい道を歩いたという。途中暗くなって迷ったらしい。明治40年に標識があったら迷わずに済んだろうにね。

     気持ちの良い遊歩道だ。途中展望所がある。

      

     天草灘を一望できる。

     

     

     ホテルの名前も『五足のくつ』。その前を通る。ひょっとして敷地内?

     

     

     その先に展望台の標識。

     

      期待して行ってみたが眺望開けず。残念。

     
     

     つづら折れの歩道。木の間から海が見える。曲がりきると眼下に海が広がる。

      

     

     アスファルト道路に出た。 道の反対側に標識がある。ここからさらに下る。

      

     

     途中スミレが咲いていた。その近くに標識があるが文字は読めない。

      

     

     海まで下るとゲストハウス風来望のBBQ場(場所はこちら)。遊歩道はここからまた山に入るが、これから先はほとんど眺望が開けない。唯一の展望所は木々に覆われ、テーブルと椅子は朽ちていた。海岸まで下りたら国道に戻って鬼海ヶ浦トンネル(場所はこちら)をくぐって国道沿いに駐車場に戻るのが賢明だと思う。 2020年4月10日


    コメント
    コメントする








       

    プロフィール

    管理人のたかぴーです。2017年、定年を待たず少〜しだけ早く退職して天草に移住しました。東京での生活が正常だと思っていたのが間違いだった。とりわけコロナで過密都市の恐ろしさを実感している所です。ここ天草はWithoutコロナ生活を送れるパラダイス。是非お越し下さい。

    最新の記事

    カテゴリー

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930   
    << September 2020 >>

    ☟ブログランキングやってます

    天草への移住情報

    Twitter

    archives

    recent comment

    links

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode