鬼滅の里は ひなの里

0

     各地でイベントが続々中止になっているが天草も例外ではない。そんな中、地元の方の手で実施されている祭りがあるので行ってみた。

     天草市五和町鬼池。昨年取り上げたように、ここには鬼にまつわる地名が多い(記事はこちら)が、もう鬼はいないみたい。それが”鬼殺隊”のなせる業なのかどうか真偽は知らない(たぶん偽)が、鬼池はここ数年「ひなの里」として知られるようになってきた。今年9回目を迎えた『鬼池ひなの会』だ。

     メイン会場のコミセンは旧鬼池小学校跡だが、別会場がある。『引板地区展示場』(場所はこちら)。ここはお薦めだ。コミセンからかなり離れているが、手作り感溢れ、お母さん達のこの催しに対する深い愛情が伝わってくる。こんなショットが撮れる。お雛様と漆黒の板屏風と手毬の素敵なコントラスト!

     

     路線バスのバス停「引板」から旧道に入って30mくらい。途中の民家も縁側に雛飾りを出し、道々に幟旗とお雛様を置いている。地域の賛同を得るには相当なご苦労があったろう・・・ここは良い人が多く住む町らしい!

     

     

     『引板地区展示場』に着いた。若干地味なので見落とさないように。

     中に入るとお茶のご接待。芋の天ぷら、

     茎ワカメの佃煮等地元の方の差し入れ。

     

     

     ドン・キホーテの圧縮陳列を連想するほどのお雛様の数。手作り手芸雛の販売も。

     

     

     左右のお姫様に挟まれたものは何ざんしょ?

     なんとまぁ、フェルトや布で出来た”手芸お重”でした。ク〜〜ッ!

     

     旧鬼池小学校跡にあるメイン展示場。学校跡だけに広い。ゆったりしたお雛様、といった風情。

     

     

     それでも新型肺炎の余波は及んでいた・・・

     

     

     イベントそのものを中止にすべきかどうか悩まれことと思う。ここまで入念に準備してきたのにという思いと感染拡大防止の観点とがせめぎあい。そして出された答えがこの張り紙だろう。皆さんの思いを想うとこみ上げてくるものがあった。来週は桃の節句だが、どうかこのイベントが続いていますように・・・  2020年2月28日


    コメント
    コメントする








       

    プロフィール

    管理人のたかぴーです。2017年、定年を待たず少〜しだけ早く退職して天草に移住しました。東京での生活が正常だと思っていたのが間違いだった。とりわけコロナで過密都市の恐ろしさを実感している所です。ここ天草はWithoutコロナ生活を送れるパラダイス。是非お越し下さい。

    最新の記事

    カテゴリー

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>

    ☟ブログランキングやってます

    天草への移住情報

    Twitter

    archives

    recent comment

    links

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode