秋に羽ばたく生き物たち

0

     今週見かけた、秋の空を”飛ぶ生き物”たちです。

     秋に飛ぶと言えば『赤とんぼ』。初夏からあちこち飛んでいますが、だんだん赤が濃くなっていくようです。ウチの庭を縄張りにしているとんぼちゃん赤みが増して陽射しを浴びていました。

    今から40年ほど前、FMラジオで童謡「赤とんぼ」が流れました。歌っていたのは、なんとギリシャの歌手「ナナ・ムスクーリ」。すっかり気に入ってその足でレコード屋に向かい、買ってきたのが下のアルバム『HOME CONCERT』(邦題:母と子のために)です。ナナの深く温か味のある歌声に癒されました。

     

     とんぼの話が長くなってしまいました。次は生息域が北上している南国の蝶です。今週自宅の庭で初めて見る蝶がいました。羽の表には目玉印があって、裏側は枯葉の模様をしています。『タテハモドキ』。昔は鹿児島県以南でしか見られなかったそうです。天草で繁殖してるのかな?

     

     上天草市に高潮警報が出ていた10月1日、海抜ゼロメートル地帯でタテハ類の蝶がいるのを見つけました。車を降りてみてみたらタテハモドキです。周囲を回ってみたら乱舞している草むらを見つけました。この近くで繁殖しているのは間違いないと思います。ちょっとシャッターを切っただけでも6匹写っていました。

     

     庭先に突如として赤井曼殊沙華が咲いて赤井、数日で枯れたと思ったら、黄色の彼岸花が咲きました。そこに『モンキアゲハ』がやってきました。

     

     同じ海抜ゼロメートル地帯で見かけた白鷺、チュウサギです。狩りの瞬間を捉えました。

     直後の喉元を見て下さい。魚を捉えています。この後呑み込み直していました。

     

     おしまいはキジバトのつがい。この2羽は雨が降ると決まって一緒にここの電線に止まって語らいのひとときを過ごしています。10月4日

     


    コメント
    コメントする








       

    プロフィール

    管理人のたかぴーです。2017年、定年を待たず少〜しだけ早く退職して天草に移住しました。東京での生活が正常だと思っていたのが間違いだった。とりわけコロナで過密都市の恐ろしさを実感している所です。ここ天草はWithoutコロナ生活を送れるパラダイス。是非お越し下さい。

    最新の記事

    カテゴリー

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>

    ☟ブログランキングやってます

    天草への移住情報

    Twitter

    archives

    recent comment

    links

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode