続く長雨〜謎の噴水復活

0

     今年はエルニーニョも発生していないのにお盆明けから長雨が続いています。1日おきに雷が鳴っているような感じです。夏の長雨+雷多発=松茸の豊作 となるそうなので今年九州は豊作かもしれません。

     雨の止み間に出掛けると、普段見られない景色に出会ったり、いつの間にか季節が進んでいることに気が付いたりします。雨上がりの朝、船を係留している港に出掛けると、棚底湾に浮かぶ小島様が海霧に霞んでいました。

     

     上天草市松島町の教良木ダム湖では、満水になった湖面に緑が映りこんでいました。ここに白馬でもいれば東山魁夷の絵になりそうです。

    2ヶ月ほど前まで湖底が見えていたのがウソのようです。

     天草は傾いた分厚い岩盤が山の斜面になっている地形が多いのが特徴です。たっぷり降ると岩に浸み込みきれない水が岩盤に沿って流れ落ちて『観音の滝』(関連記事はこちら)みたいな滝が現れます。天草市倉岳町の浦地区では、雨の後数日間このような滝が数か所見られます。下の写真の白く光っている所は滝なんです。

    それぞれ結構な落差があります。

     

     

     ダム湖周辺の植物は着々と秋の準備を進めています。春に咲いていたムベの花(下左)は、実になっていました(下右)。10月には紫色に熟して甘くなります。

     

     

     5月にアイボリーの花を咲かせていたクマノミズキも実をつけ(下左)、クロガネモチ?の赤い実もありました(下右)。

     

     

     渇水で止まってから、ダム湖が満水になった後も止まっていた『謎の噴水』が復活していました。

     

     相変わらず誰が何のために作ったものだかわかりませんが、これでいつもの風景に戻りました。  8月30日


    コメント
    コメントする








       

    プロフィール

    管理人のたかぴーです。2017年、定年を待たず少〜しだけ早く退職して天草に移住しました。東京での生活が正常だと思っていたのが間違いだった。とりわけコロナで過密都市の恐ろしさを実感している所です。ここ天草はWithoutコロナ生活を送れるパラダイス。是非お越し下さい。

    最新の記事

    カテゴリー

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>

    ☟ブログランキングやってます

    天草への移住情報

    Twitter

    archives

    recent comment

    links

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode