アンモナイト展〜クール御所浦

0

     7月13日から天草市御所浦町の市立『御所浦白亜紀資料館』で『特別展 世界のアンモナイト』が9月1日まで毎日開催されます。管理人は御所浦ジオツーリズムガイドの会所属ですので、『一望舎』クルージングとは別に化石クリーニングの実演をお手伝いすることになり、Xアスロンが終わった7月16日と17日にボランティア参加しました。

     御所浦港から徒歩0分。白亜紀資料館ではゆるキャラ『寺野くん』がお出迎え。

     

     3連休明けの平日。入り口ではスタッフが受付の打ち合わせ。

     

     中に入ってみましょう。最初にアマチュアの恐竜絵画(子供〜一般)の入賞作品の展示コーナー。「これが〇才の子供の絵!?」というものも。モーツァルトみたいな神童なんでしょうね。

     絵画展の次から世界のアンモナイトの展示です。

     会場の雰囲気を味わってください。

     

     

     

     下は昨年9月に新聞発表された新種『ゴショウラムカシウオ』の復元想像模型です。一億年も前の魚が、意外とニシン科の魚に似ているのが不思議。

     

     最後の部屋はアロサアウルスと他の恐竜たちです。

     

     

     時を同じくして国立科学博物館で「恐竜博2019」をやっています。こちらでは謎の巨大恐竜『デイノケイルス』の全身骨格標本が世界初公開され、北海道の『むかわ竜』も展示されています。さすが国立、展示物は超一流! 御所浦は展示のディスプレイデザインや見せ方も決して洗練されているとは言えません・・・でもね、あちらはモンゴルとか北海道で発掘されたものを東京に運んで展示しているだけの無機質な展示。一方で御所浦の展示は発掘された地元で、しかも離島で開催されているんです! 1億年前のライブ展示と言っていいでしょう。臨場感があります。

     そしてさらに、むっちゃたくさん化石を含む岩が徒歩2分の採集場にゴロゴロしていて、実際に採集できるんです! さらにクリーニングも体験できる! そして何より、地元ボランティアの人々の『手作り手探りだけどサポートしたい』という熱い思いをお感じ頂けることでしょう。

     ウソだと思ったら天草御所浦白亜紀資料館へ来てみて下さい!  7月19日

     


    コメント
    コメントする








       

    プロフィール

    管理人のたかぴーです。2017年、定年を待たず少〜しだけ早く退職して天草に移住しました。東京での生活が正常だと思っていたのが間違いだった。とりわけコロナで過密都市の恐ろしさを実感している所です。ここ天草はWithoutコロナ生活を送れるパラダイス。是非お越し下さい。

    最新の記事

    カテゴリー

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>

    ☟ブログランキングやってます

    天草への移住情報

    Twitter

    archives

    recent comment

    links

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode