頭岳〜絶景とちょうちょの空中戦

0

     天草市河浦町にある『頭岳』。この山は下島の真ん中にあって眺望が良いというので行ってみました。

     本渡から国道266号を牛深方面に走り、河浦町にはいってすぐ。「頭岳登山道 入口」という看板があります。ここから山に入ります。

     

     休みの土曜日とあって、虫かごと網を持った少年がいました。

     

     「あれが”頭岳”か」。左のまあるい山です。

     

     登山道入口の標識から先は案内板がありません。とにかく山に向かって進みます。登山道はコンクリートで舗装されていますが、右も左も草木に覆われて側溝も見えません。車に引っかき傷をつけないように側溝に落ちないように、ゆっくりと。写真を撮る余裕はありません。上には駐車場があるらしいけど・・・

     景色が開けたところに民家があり、そこから先の道は草木が塞いでいます。駐車場まではとても行けそうにありません。バックでようやく民家の庭先に辿り着きました。誰かのブログでこの家の人に車を止めさせてもらったとありましたが、すでに廃屋となっていました。駐車のお願いと連絡先を書いたメモをワイパーに挟んでここから登ることにしました。

     歩いてすぐ、立派な記念碑に遭遇。でもここまで車で来るのは難しいと思う。

     

     4WDの軽トラなら登れるかと思いましたが、コンクリートの道路に落ち葉が積もっていて、雨の日は4WDでも危険でしょう。あちこちに石ころや倒木が転がっています。

     

     

     しばらく歩くと”車の”駐車場がありました。登山用の杖のサービスがありましたが、つるが巻き付いています。

     

     

     道はここからコンクリートが途切れ、むしろ歩きやすくなります。

     

     正面に仏様が現れると小頭岳と頭岳の分岐点です。頭岳山頂を目指します。

     

     

     木のトンネルの先が明るくなりました。辺りを見回すと、ブナ林が広がっています。天草では珍しいと思います。

     

     

     ブナ林を抜けると山頂です。看板があって仏様も祀られています。

     

     

     北側は木に覆われていましたが、南側は素晴らしい眺望です。まずは崎津方面。

     

     新和から長島方面。

     

     景色だけではありません。蝶がすごい。アゲハ、キアゲハ、アオスジアゲハ、モンキアゲハ、クロアゲハにヒョウモンが縄張り争いのドッグファイトを繰り広げています。蝶の動きが速くてうまく撮れませんでしたが、この一枚でお分かりいただけるでしょうか。

     

     ノアザミにキアゲハが止まってくれたので撮影できました。

     

     大阪のおばちゃんが好みそうなヒョウ柄のチョウ。

     

     登山道開通当時は鳴り物入りの事業だったのでしょう。それが今は荒れ果て、駐車場まで車では行けません。頂上の眺めは素晴らしく、駐車場からだと片道20分程度で登れる散歩コースです。天草では珍しいブナ林も広がっているし、蝶がすごい。特に珍しい蝶がいるわけではありませんが、同時にこれだけの種類と数の蝶が追っかけっこしている姿はそう見れるものではありません。立派な観光資源です。せっかく作った道路、メンテして活用すればと思うのですが・・・  6月3日


    コメント
    コメントする








       

    プロフィール

    管理人のたかぴーです。2017年、定年を待たず少〜しだけ早く退職して天草に移住しました。東京での生活が正常だと思っていたのが間違いだった。とりわけコロナで過密都市の恐ろしさを実感している所です。ここ天草はWithoutコロナ生活を送れるパラダイス。是非お越し下さい。

    最新の記事

    カテゴリー

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>

    ☟ブログランキングやってます

    天草への移住情報

    Twitter

    archives

    recent comment

    links

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode