雛祭的珈琲館於楠浦町

0

     もうすぐひな祭り。この季節に是非行っておきたいカフェを紹介します。

     瀬戸大橋を渡って国道266号線を牛深方面に走り、スズキの販売店とシャディサラダ館のある信号(場所はこちら)を左折して楠浦町に向かいます。トンネルを抜けて平坦地を走ると看板が見えてきます。『はなカフェ*淳花』。

     

    矢印の方に右折し、その後は看板の方向に進みます。

     

     

    お店に着きました(場所はこちら)。玄関には天草の風習通り注連縄が。

     

     

    上がり口は清潔で手作り感が溢れてます。喫茶室の引き戸を開けると・・・

     

     

    床の間の立派な雛壇がお出迎え‼

     

    キッチンは喫茶室のガラス引き戸の向かい 席はテーブル席

     

     

    縁側にはお膳もあります。テーブル席でランチを注文メニューは木製扉

     

     

    ランチが来ました。

      サバのあんかけランチです。

     一つ一つ丁寧に作ってあります。

     彩りにも気配りが感じられます。

     紫の食用花は自家菜園で収穫。

     これに庭の小夏の果肉が入った

     ゼリーのプチデザート付き。

      管理人は食レポはほとんど

     しませんが、ちょっと一言。

     濃い味付が主流の天草にあって、

     素材本来の特長を邪魔しない

     程度に優しく味付けをしている

     数少ないお店の一つです!

     

     

     

     天草には本渡港をはじめ、あちこちに手軽な料金で電動アシスト自転車のレンタサイクルがあります(情報はこちら)。レンタサイクルで花カフェがある楠浦町まで出かけてみるのもいいですよ。電動アシスト自転車なら、チョウゲンポウのいる新和町まで(関連記事はこちら)だって膝に負担をかけずらくちんで行けます。湯島や御所浦といった離島のサイクリングもお勧めです(関連記事はこちら)。

     床の間の飾りつけは、季節が変わるとどう変わるのでしょう。今から楽しみです。  2月22日

    ☟ブログランキング参加中。応援クリックお願いします!

    人気ブログランキングへ


    コメント
    コメントする








       

    プロフィール

    管理人のたかぴーです。2017年、定年を待たず少〜しだけ早く退職して天草に移住しました。東京での生活が正常だと思っていたのが間違いだった。とりわけコロナで過密都市の恐ろしさを実感している所です。ここ天草はWithoutコロナ生活を送れるパラダイス。是非お越し下さい。

    最新の記事

    カテゴリー

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>

    ☟ブログランキングやってます

    天草への移住情報

    Twitter

    archives

    recent comment

    links

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode