カヤックフィッシング〜棚底湾〜

0

    今日は冬至。どうしたことか天草は暑いくらいですが、皆さんいかがお過ごしですか?ご無沙汰しております。

     さて今回は天草の東海岸にあたる天草市倉岳町でのカヤックフィッシングの様子をお伝えします。天草にある3つのタイプの海の中で、不知火海に面した東海岸は島が多い内海で、東シナ海や有明海に比べて波が穏やかです。しかもどの向きから風が吹いても風よけになる島があるので、海に出られる日が多いのが特長です。カヤックにはもってこい!ここでカヤックフィッシングをするとどんな感じか、自撮りのヘッドマウントカメラの映像でお届けします。首を動かすと揺れるので、ちょっと見にくいと思いますがご容赦ください。

     場所は天草市倉岳町にある棚底湾。ここは天草の内海の中でも特に穏やかなところです。ここにカヤックを出して釣りをしました。下の動画をご覧ください。カヤックフィッシングの楽しさが伝われば幸いです。

    https://youtu.be/m_FsaUVeMTI

     今回の対象魚はヒラという魚です。釣ったのはこの辺。夏場に多く釣れますが、シーバスと同じくらいファイトする魚で、勢いよく巻き上げると海面から大ジャンプしてフックを外してしまう元気ものです。釣って面白い魚です。地元での知名度はイマイチですが、岡山県ではソールフードと言われるくらいポピュラーだと聞いています。海面近くなったら巻き上げスピードを緩め、ジャンプしないように慎重に取り込みます。こんな魚です。

     

     

     棚底湾では2kg前後の鯛やヒラメ、コチといった高級魚をはじめ、いろんな魚が釣れます。ヘッドマウントカメラを着けての釣りは大変で、しかも電池の関係でうまいタイミングで撮影するのが難しいのです・・・ですから50センチを超える鯛やヒラメを釣る映像は撮れてません(写真は撮ってますが)。

     棚底湾では、カヤックで片道10分で行ける範囲でこんなものが釣れます。

     上から

      鯛

      チヌ(黒鯛)

      グチ

      グチ

     こんなに釣れる日もあります。
     

     下はヒラメ                 こちらはコチ

      

     

     タチウオだってインチクで釣れます。ただし、運が悪いとラインを歯で一発で切られてしまい、大切なインチクとサヨウナラになります。

     

     

     他にもカンパチや、高級カマボコの原料「エソ」も棚底湾のカヤックフィッシングで釣りました。しかしカヤックフィッシングには解決すべき問題が・・・魚の味です。

     スカリに入れておくところまではよいのですが、移動の度に魚を引っ張りまわすので、魚にとっては致命的なストレスになります。二時間も釣りをしていると弱ったり死んだりします。そうなるとせっかくの高級魚も味が落ちます。どなたかよい回避方法を教えていただけば幸いです。           12月22日


    コメント
    コメントする








       

    プロフィール

    管理人のたかぴーです。2017年、定年を待たず少〜しだけ早く退職して天草に移住しました。東京での生活が正常だと思っていたのが間違いだった。とりわけコロナで過密都市の恐ろしさを実感している所です。ここ天草はWithoutコロナ生活を送れるパラダイス。是非お越し下さい。

    最新の記事

    カテゴリー

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>

    ☟ブログランキングやってます

    天草への移住情報

    Twitter

    archives

    recent comment

    links

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode