鬼滅の海

0

     「鬼滅シリーズ」第二弾。今回は鬼滅の海(鬼池の海)の春えをレポート。

     国道324号線を本渡から鬼池港に向かって走ると港の手前右手に『亀島』という島がある。干潮の時には道が現れてスニーカーで歩いて渡れる島だ。周りには『アオサ』の養殖いかだがいくつかある。潮が引くとアオサの棚が干上がり、グリーンの畳の下に影が映る。

     

     全景はこんな感じ↓。向こう岸の島原に向かってフェリーが遠ざかる。うっすら輪郭が見えている山は雲仙。

     

     アオサは鮮やかな緑で海苔より磯の香が強い高級食材。数十年前は冬場に海中にロープを張っただけでアオサが生えるのを待つというものだったそうだ。張り方や場所選びのノウハウは獅子島から伝わったという話を聞いたことがある。

     

     鬼池辺りの海は、海藻ありウニありアワビありの宝の海。だからイルカも棲みついている。鬼がいなくなったので色んな人がこの恵の海に集っている。

     最初に出会ったのは潜水漁をしているご夫婦。カメラを向けていると奥さんが気付いてこっちを向いて手を振ってくれた。にしても島原近っ!

     

     

     おじさん何採ってるんだろ? よく見ると手には鎌。え?海の中で草刈り

     

     

     ズームアップすると浮き輪の中に茶色い草。ワカメ刈りでした。

     

     

     今度は箱眼鏡と棒で海をつついている人達。Dash島では城島くんや松岡くんが三又棒でサザエを採っていたけど、この船は貝ではなくてワカメがいっぱい。

     

     これは棒の先に鎌とフックを付けてワカメを茎から刈り取ってフックで引き上げる漁法。いろんな漁法があるもんだ。

     

     漁船のいる周辺では、海中に旗がいくつもはためいている。ここでボートレースでもやるんだろうか?

     

     

     漁は船ばかりじゃない。桃の節句前の大潮。お昼を済ませて出掛ける頃が干潮。いろんな人が浜にいる。下の写真には4人(分かります?)。岩ノリかなんか取っているのか?

     

     

     おばあさんもいる。小学生の親子もいる。

     

     

     潮干狩りでなく、思い思いに波と戯れている人や散歩する人。

     

     鬼池の海の春の風景はいかがでした? 今はもう鬼がいない「鬼滅の海」。2020年3月6日


    春の海

    0

       2月に入ってメキメキ春めいてきた海にパラシュートアンカー(海中にパラシュートみたいな帆を入れてイカリの代わりにするもの)を投入してエンジンを切った船で、の〜んびり流し釣りをしていると、色んな海鳥が姿を見せます。

       カンムリウミスズメの声(実際の声はこちら)! その方向に目を向けると・・・ 二羽が水面で日向ぼっこ(しているように見えました)!

       でも彼らにとっては食事にありつけるかどうかの死活問題です。失礼。半端なく希少種ですが、実は倉岳町や御所浦町で普通に見られる冬鳥です。

       船から陸を向いて観察するとこんな感じ(写真の中央のやや下あたりにカンムリウミスズメがいるえしょ?)。

       写真で見ると陸上からすぐにでも見つけられそうな感じですよね。でもとにかくじっとしてないでよく潜る鳥なので、”声”を頼りに探さないと見つけるのが難しいんです。その鳴き声が聞こえる範囲は船のみ、ということになるんです。

       クリスマス頃にやって来て春の彼岸の頃にいなくなります。今シーズンはクリスマスから二週間ほど渡りが遅れて心配しましたが、今はいつも通りあちこちで見られるようになりました。

       一望舎では3月中旬までカンムリウミスズメ観察ツアーを実施しています(詳細はこちら)。

       

       のんびり糸を垂れていると僕らの頭上を鳥が飛んで行きます。たいていはトンビやカモメ、カラスなどですが、時々『ミサゴ』や『カツオドリ』が飛んで行きます。この日は北西方面から南東方向へカツオドリが。

       大型の鳥が頭から尻尾までスーッと伸ばして飛ぶ姿は、スマートでカッコいい。

       空中の鳥はモノクロのシルエットにしか写らないことが多いのですが、今回は少しうまく撮れました。

       

       雲が晴れてきました。船にカモメが寄って来ました。カモメは小魚などをくれる船を知っていて、その船を見つけると寄ってきます。一羽が魚をもらうと、たちまち仲間が大勢集まって来て大騒ぎになります。

       私の船に近づいてきたカモメは、私の船がおいしいものをくれるかどうかチェックに来たようです。「何かおいしいものない?」「ごめん、今手持ちがない」「じゃいいですー、さいなら!」みたいな。

       

       鳥ばっかり見てたら釣りの時間終わっちゃった・・・でもいいや。少しでも釣れた獲物を持って帰って自宅の屋外水場で調理します。毎回ギャラリーに取り囲まれます。優勝争いしている「しぶこ」みたいでしょ。(んなわけないっしょ!)

       ”おすそ分け”をもらうにはどこに座っていた方がいいか学習していて、座る場所まで決めてます。調理が終わってまな板を洗い始めるとすぐに伸びをして顔を洗って「腹ごなし」の散歩に出掛けます。  2020年2月21日


      春の うららの 隅田川

      0

         ♪は〜るの うら〜ら〜の す〜み〜だ〜が〜わ♪ にはちょっと早いけど、所用で上京した折に隅田川沿いを散歩しました。一番下流の『築地大橋』から浅草の『言問橋』まで直線約7kmにかかる橋を、一筆書きでジグザグに渡ってみました。

         地下鉄銀座駅を10時にスタート。銀座4丁目交差点を晴海ふ頭方面に歩いて歌舞伎座前を過ぎ、観光客でごった返す築地場外市場をぐるっと回って最初の橋『築地大橋』を西側の隅田川右岸(下流に向かって右側)から東側の左岸に渡ります。2番目の『勝鬨橋』(かちどきばし)まで、遊歩道として整備されている川岸を歩きます。橋の向こうには浜離宮東京タワーが見え、築地市場は解体が進んでいました。

         

         勝鬨橋はライトアップの改装工事中で、すっぽり足場に囲まれていました。

         

         勝鬨橋を東から西に渡ると、橋の西詰に『かちときのわたし』という石碑があります。近くに昔の渡船場があった記念みたい。隣に『かちどき 橋の資料館』がありました(場所はこちら)。入館無料。ここで『隅田川にかかる27の橋』というパンフレットがもらえます。ガイドブックとして重宝します。

         

         中に入ると、可動橋である勝鬨橋を動かすための電気設備がそっくり保存されています。

         

         

         橋の真ん中が跳ね上がる橋だそうです。下流に港が整備されて大型船が通る必要がなくなり、もう50年以上も動かしてないこと、”勝鬨”の名前は日露戦争の旅順陥落に由来すること、この橋と永代橋と清洲橋の3つは重要文化財であることなどがわかりました。さらにもう一つ発見が。 天草の『瀬戸歩道橋』がパネルに載っていました!

         

         日本には可動橋が37か所しかないみたい。瀬戸歩道橋の写真は、橋が上がって船がくぐっているところでしたが、写っていた船はずいぶん昔に現役引退した定期航路船『高砂丸』でした!昔の知り合いに東京でばったり出会ったような気分・・・ 今の瀬戸歩道橋は橋桁がそのまま上下する『昇開橋』ですが、その前の瀬戸橋は橋桁が跳ね上がる『跳開橋』で、路線バスも通っていました。

         

         ちょっと寄り道してしまいました。3番目の『佃大橋』の西詰にも渡船場跡の石碑がありました。渡れば佃島。佃煮の発祥の地で、老舗が店を並べています。

         4番目に『中央大橋』を渡ります。橋の途中にパリのシラク市長から東京に贈られた前衛彫像がありますが、上流を向いているので後ろ姿しか見えません。有名な彫刻家の作品らしい。

         5番目に重要文化財の『永代橋』を渡ります。橋の説明板を読むと設計者は太田円三。この人は『五足の靴』の旅で天草を訪れた木下杢太郎(本名太田正雄)のおさんなんですって!直接縁がある訳ではありませんが、何となく親しみを感じてしまう橋です。

         

         6番目は首都高と一般道路との二階建て構造の『隅田川大橋』。浅草から下って来た水上バスがくぐって行きました。

         

         7番目は三つ目の重要文化財『清洲橋』です。ケルンにある橋をイメージして設計された橋だそうで、美しさを追求した橋だという解説がありました。この橋は別の水路に架かる「萬年橋」北端の番所跡近くにある”ケルンの眺め”(場所はこちら)から見た姿がきれいだと言われているのでそこからの写真も入れますが、せっかくの姿も新しく建ったビルで途中カットされていました。

        ”ケルンの眺め”から ↓

         

         8番目『新大橋』、9番目『両国橋』を渡ります。両国では工事中で遠回りさせられましたが、おかげで初場所で賑わう国技館前を通りました。次々に力士が到着していました。

         

         10番目『蔵前橋』11番目『厩橋』(うまやばし)。厩橋の東詰に地蔵堂があり、向こう岸に屋形船が見えます。古いものと新しいものが同居する風景。

         

         12番目『駒形橋』↓ と橋の名前の由来になった西詰の『駒形堂』↓

         

         

         13番目『吾妻橋』は浅草駅のすぐ前です。アサヒの金色の雲とスカイツリーが見えます。

         

         14番目に『言問橋』を渡ります。言問橋下の公園からはこんなスカイツリーが見られました。

         

         14の橋を一筆書きに渡る旅は26000歩、所要時間4時間。あちこちにやユリカモメが泳いでいましたが、人慣れしているので至近距離で野鳥観察できますよ。  2020年1月24日


        宙に浮く船? ある冬の風景

        0

           今年もお正月がやってきました。今年も皆さんに幸あれ! そしてたかぴーブログにアクセスあれ!

           寒さはこれからが本番ですが、正月は新春ということで一応冬は終わり。この冬の面白い風景を集めてみました。

           トップバッターは熊本から天草に向かう途中、有明海で見かけた一コマ。

          本当に「宙に浮いている」ように見えます。でも蜃気楼というわけではなく、海の色の違いで空中に浮いているように見えているようです。

           

           次は海を泳ぐ”鵜”たち。海にいるから「海鵜(ウミウ)」だろうな。

          と思ってよく見ると、「川鵜(カワウ)」でした。残念!!

           

           天草の冬はあちこちで櫨(ハゼ)の葉が色づきます。12月初旬頃の赤が一番鮮やかです。日光に照らされるといっそう目立ちます。

           

           不知火海では、穏やかな日に船が通ったあとの波が、日の光を反射して”光る線”が現れることがあります。

           

           おしまいはケスタ地形が目に見える風景。下の写真の霧から顔を出している尾根を見て下さい。みんな同じように斜めに傾いています。元は水平だった岩の地層が地殻変動で傾いて岩盤が斜めになっています。筋は途中断層などで出来た尾根です。

          太古の地殻変動の痕跡を、霧がうまく演出してくれた景色です。

           

           さて今年はどんな風景に出会えるか、楽しみです!  2020年1月3日


          蜃気楼は”秋本番”のサイン

          0

             天草も秋本番。先週我が家にジョウビタキがやって来ました。昨シーズンまではお嬢さん鳥が来ていましたが、今シーズン来たのは旦那鳥でした。今年春に来ていたお嬢さん鳥はどうしたのか気になります・・・

             山道に入れば春に白い花を咲かせていた「むべ」(関連記事はこちら)の実が紫色に色づき、そろそろ食べごろです。

            秋の味覚。健康に非常にいいということで、皇室に献上されるほどの果実だとか。

             海に目をやると、”秋けなわ”を告げる現象が現れるようになりました。天草市倉岳町から栖本町にかけての海岸線で、午前中を中心によく見られる蜃気楼の一種です。下の写真を見て下さい。白いタワーと何本かの柱が、きれいに揃って右から左にゆっくりと動いています。いったいこれは何なんだ?

             上の写真に一本白い点線を入れてみると下の写真になります。

             こうすると右に見える船も左に見える島も、白の点線を鏡にして反転して映っているのがわかります。では中央のタワーは何なんだ?拡大してみます。

             正体はコンテナ船でした。船と積み荷のコンテナが反転して映っていました。これは『下位蜃気楼』と言う現象で、船や島の反転した像が下に見える蜃気楼の一種なのだそうです。

             秋から早春にかけて、不知火海では『浮島現象』や『下位蜃気楼』が頻繁に見られます。この海の名前の由来となった『不知火』も蜃気楼のひとつだと言われています。天草の海は暖かいので、海面近くの空気は温められ、その上に冷たい空気が乗っかって光の針路が曲がってできる現象だそうです。

             下の図が模式図です。冷たい空気中を進んでいた光が暖かい空気に入ると、上に少し曲がります(紫色の線)。すると赤い点線の方向から来たような虚像が見えるのです。

             

             天草に住んでると普通に見られる現象がたくさんあって、バリエーションに驚きますよ!   2019年11月1日

            【11月7日追加】

             こんな変な蜃気楼が見られました!


            謎の飛行生物の正体を暴く

            0

               昨年8月の風のない穏やかな昼頃。棚底湾でカヤックフィッシングを楽しんでいると、横を水面スレスレに何か飛んで行きました。殿様バッタかカゲロウみたいで、5mくらい飛んで前方に着水したので、カヤックを移動してみました。小さな5cmくらいの羽のあるカゲロウみたいなのがいました。急いでカメラを準備しようと目を離した瞬間、水面から飛び出して5mほど飛んで行きました。追ってみましたが見失ってしまいました。あれは何だったのか?いろんなところに問い合わせてみましたが特定できませんでした。

               今年になって御所浦の元漁師さんと話す機会があって聞いてみたら『トビウオの幼魚かもしれんですね、ありゃ結構飛ぶとですよ』という回答。もう一度確かめたい・・・

               6月21日に獅子島手前にある、くじらみたいな形の「おっとっ島」で釣りをしていました。ベタ凪の午前9時。何とあの生き物が目の前に飛んできました!カメラ!カメラ!

               ついに再会できました。こいつです。焦ったのでピンボケしてしまいました。

               

               とにかっく証拠を撮影しなくちゃ! あ! 羽がある!

               

               落ち着いて! ピントに気を付けて・・・魚だ!

               

               これはやっぱりトビウオの幼魚ですね!正体が分かればかわいいものです。流れている海藻を隠れ家にしているみたい。

               

               

               次の瞬間、8mほど羽ばたいて飛んでいきました。次回は動画に挑戦したいです。6月28日


              日本がカヌーカヤックとヨットの金メダル独占!!〜東京五輪速報〜

              0

                 ついにやりました!アメリカズカップを初めてアジアに持ち帰ったニッポンが、勢いに乗って東京オリンピックのカヌーカヤックセーリング競技の全金メダルを独占しました‼  4月1日 ロイター=共同

                 

                 ボートショーにはオリンピック種目であるセーリング競技のコーナーがありました。いわゆるヨットです。欧州発祥のスポーツですが、日本も世界レベルにいます。男女とも小型艇でオリンピックのメダルを取っています。昨年は吉田愛選手吉岡美帆選手世界選手権で優勝しています。Rioオリンピックでは日本人には不可能と言われていたカヌースラローム羽根田選手が銅メダルを獲得したのは記憶に新しいですが、ヨットではそれより早くアトランタ大会やアテネ大会でメダルを獲得しています。

                 日本セーリング界初のメダルは、470級の重由美子選手と木下アリーシア選手の女子ペアアトランタオリンピックの時の銀メダルが展示されていました。しかし大変残念なことに、昨年重由美子さんは53歳の若さで昨年他界されました。

                 

                 470級は長さ470cmの2人乗りのヨット(通称ディンギー)で、欧米人に比べて体格が小さい日本人の特性に合った競技と言われ、事実オリンピックや世界選手権のメダルはいずれも470級です。

                 アテネ大会で獲得した日本男子初のメダルも展示されていました。人選手轟賢二郎選手のペアが獲得した銅メダルです。

                 

                 470級のヨットそのものも展示されていました。競技は風や潮流の変化を読み取って戦います。

                 

                 艇の内部も公開されていました。すごい数のワイヤーです。複雑な制御が必要なんですね。

                 

                 会場では日本セーリング連盟が『オリンピックを楽しむためのセーリング競技観戦ガイド』という冊子を配っていました。簡単に一部を紹介します。

                セーリング競技とは?】

                 モーターレースにF1やラリーや8耐があるように、セーリング競技にも様々な種類があります。

                 ○フリートレース

                  複数艇が一斉にスタートし規程のコースを走り、速さを競います。”オリンピック”はこの形式です。

                 ○マッチレース

                  1対1で規程のコースを走ります。相手よりいかに早くフィニッシュするかを競います。世界最古のスポーツトロフィーを賭けて戦うアメリカズカップはマッチレースの最高峰です。

                 ○オフショアレース

                  沿岸や外洋を数日から数か月かけて走り、目的地までいかに早く到着するかを競います。大西洋横断レースや、世界一周レースなどがあります。一人で無寄港世界一周する”ヴァンデグローブ”は、世界で最も過酷なレースの一つです。日本では毎年夏に行われる三重県五ケ所湾から神奈川県江の島を目指す”パールレース”が60年近く続いています。

                 

                 もう一つ、大切な活動がありました。海のゴミの問題を訴え改善を図る運動です。「日本セーリング連盟 環境部会」では” Let Poseidon Live!”というスローガンのもと『「残したいのはきれいな海」きれいな海のために私たちができること』という冊子を配布してました。

                 天草の海はゴミが多くてとてもきれいなどとは言えません。どこで釣りをしても様々なプラスチックゴミが漂流しています。天草の海岸線を眺めてみると、海どころか陸上にも不法投棄や廃棄しないで放置されている廃船や漁具などがあります。観光客に見せられたものではありません。天草の130倍も人口がある東京ですが、海岸のゴミレベルは天草よりましです。観光を標榜するのならば、最低でも東京よりゴミが少なくなければなりません。

                 ごみ問題は海に出る人が気をつければ済む問題ではありません。強風で飛ばされたPETボトルやレジ袋が直接または川を伝って海に流れ込みます。これらは紫外線でもろくなり、波で砕かれてマイクロプラスチックとなり、生物の食物連鎖の中に入り込み、深刻な問題を引き起こします。ヤバイ報告が急増しています。プラスチックは海に流れ込ませてはなりません。陸上でも海でも、徹底的に回収する以外に手段はありません。風で飛ばされると海に行く可能性が高いので、海でも陸でも飛ばされないようにしっかりリサイクルに回すことが肝要です。 4月1日


                | 1/2PAGES | >>

                プロフィール

                管理人のたかぴーです。2017年、定年を待たず少〜しだけ早く退職して天草に移住しました。東京での生活が正常だと思っていたのが間違いだった。とりわけコロナで過密都市の恐ろしさを実感している所です。ここ天草はWithoutコロナ生活を送れるパラダイス。是非お越し下さい。

                最新の記事

                カテゴリー

                calendar

                S M T W T F S
                   1234
                567891011
                12131415161718
                19202122232425
                262728293031 
                << July 2020 >>

                ☟ブログランキングやってます

                天草への移住情報

                Twitter

                archives

                recent comment

                links

                search this site.

                others

                mobile

                qrcode