哀しみの ウッ!

0

     3月下旬、複数の方から浦川でカワセミを見たという情報をいただき、探しに出掛けた時の事だ。この川は感潮河川で河口の水位は大きく変わる。廃船にカワウが一羽止まっていたので何気なく撮影した。

     

     自宅に戻って写真を見たら、背中の白いものに気が付いた。拡大してみた。

     

     こいつ、怪我してる!

     

     何となく気になって、数日後同じ場所に行ってみた。いた。怪我は治ったのかな? でもこちらを向いていたので背中の怪我の状態は分からなかった。

      

     

     その一週間後。やはり背中に盛り上がりがある。まだ治ってない・・・

     

     この日はお目当てのカワセミの鳴き声を聞いた。姿を探していると飛び去る後ろ姿が見えたが写真は間に合わなかった。でもいることは確認できた。

     

     さらに一週間後。まだ左肩に違和感が残っている(プロ野球のピッチャーみたい)。

      

     怪我してる割には意外と元気そうで 歩く姿も普段と変わりないように見える。早く治るといいね。頑張って!

     

     さらに一週間後。相変わらず一羽で廃船の近くにいた。もう一か月以上このカワウを観察しているが、まだ完治してないみたい。

     

     この写真を拡大して驚いた。怪我の原因は実は人間だった。下の拡大写真を見て欲しい。矢印の先にループした釣り糸が見える。

     

     幸い、絡んでいるだけで血が出たりしているわけではなさそなので一応安心はしたが、ウも辛いだろう。仲間から離れて彼(彼女?)は一人で暮らしている(単にお一人様を満喫しているだけかもしれないが)。群れてないから「3密」にも当たらないか。

     できれば釣り糸を取ってあげたいのだが・・・       2020年5月15日


    野鳥を手乗りにできるか?

    0

       窓辺から見える石垣近くの梅の木にはいろんな鳥がやってきます。秋になってジョウビタキ』のとっつぁんがやって来ました。オスは「頭が白髪っぽい」ので、「能」でおじいさんを表す”尉”(じょう)という字が付けられたそうです。

      春先まで来ていたお嬢ジョウビタキはどうしたのか気になっていましたが、今週やっと姿を見せました。よかった!

       梅の木には時々シジュウカラが遊びに来ます(下の写真左)。11月に入ったある日、シジュウカラとお腹の色とネクタイのデザインが違う鳥が来ました(下の写真右)。

       

       

       数日後にまた遭遇しました。今度は長い時間梅の木で遊んでいたので写真撮影に成功!

       

       ありゃ?『ヤマガラ』じゃん! ヤマガラなら東京多摩地区の滝のある観光地で、冬場に人の手の上のヒマワリの種を食べに来ていた鳥です(その時の動画はこちら)。 エサをくわえてるし、ひょっとしてヤマガラなら・・・

       「手乗りしてくれるかも」。よし、早速”アマ〇ン”でバードフィーダーを購入。じゃじゃ〜ん

       野鳥用の穀物ブレンドを詰めて、梅の木にセットしました。見つけてくれるかな?

       

       セットして2日目。ヤマガラがやってきました! でもフィーダーを屋根の上から見るだけで中身に気付いてないみたい。20秒程で飛んで行ってしまいました。

       

       まずはエサを食べて欲しいけど、先は長そう。  11月29日


      天草に西武新宿線?

      0

         田植えが済んだばかりの田んぼは、サギたちにとって毎年この時期リニューアルオープンするレストラン。いつも混んでいます。ここは天草市倉岳町にある"レストラン鷺"(場所はこちら)。賑わってます。

         

         一方こちらは”レストラン鷺 下浦店”(場所はこちら)。次々とお客がやってきます。

         

         こちらも人気店のようで、お客が向かう先には行列ができ始めました。

         

         ランチタイム。ずいぶん並んだもんだな。

         

         長蛇の列ができてしまいました。どんだけ並んでいるか、ちょっと数えてみました。先頭のアオサギさんから数えて、最後尾は20番目でした。

         

         勘のいい皆様は「いい加減にしろよ」とおっしゃるかもしれません。すみません、そういうことです。

          サギたちのパラダイス=サギの園→鷺ノ宮

         貧困な発想で申し訳ございません。でも天草市は鷺が大勢やって来る『鷺ノ宮』なんです。「次は都立家政」というアナウンスが聞こえてきそう(まだ言うか!)。  6月14日


        春たけなわ 鳥も蝶々も絶好調!

        0

           GW初日。上天草市姫戸町の白嶽森林公園に、絶滅が心配される固有種だという『アマクサミツバツツジ』を見学に行きました。過去の新聞記事を読むとここにあるように読めるのですが、移植や植樹をされたものが主で純正なものがあるかどうかわからないとのこと。他のツツジと交配が進んで、純粋なアマクサミツバツツジは天草に100本から150本くらいしかないそうです。純粋種については専門家でも見解が微妙に割れていて、特徴を素人に説明しても分からないそうです。そこまで言われると、ホントに固有種なんてあるんですかね、って言いたくなりますよね。新聞記事にあったのは「アマクサミツバツツジが満開」の赤字の文字が抜けていたんですね、きっと。しかもミツバツツジは見頃を過ぎていましたし。残念〜!

           肩透かしを食らって帰る途中にアゲハ蝶が舞っていました。3匹の乱舞。でもよく観ると一匹の雌を巡って2匹の雄が争っている『三角関係』でした。ちょうちょの世界も大変だ!

           

           ちょっと目を離したら2匹になっていました。1匹は追い出されたようです・・・

           

           翌日、天草市倉岳町や下浦町にある白い花をつける”のっぽの木”の撮影に行きました。これまで図鑑やネットで調べたり、花好きな人に聞いたりご近所さんに聞いたりしても名前がわかりませんでした。思い切って東京のガーデニングサークルに写真を送って聞いてみました。『シナアブラギリ』だそうです。下の右側に写真はヨモギの葉の上に落ちた花のアップです。椿のように、きれいなまま”ポロッ”と落ちます。

           

          中国原産で、種からとれる桐油を紙に浸み込ませて傘や合羽を作ったり油紙にしたりできるので重宝されたそうです。当時栽培されていた木が野生化したらしいです。

           GW終盤の子供の日。苓北町富岡の町歩きに出かけました。行きに倉岳町と栖本町との境の電線にトンビが7羽ズラリと並んでいました。結構珍しい光景だと思ったのですが、その3日後。天草市倉岳町宮田でアオサギやトンビが大潮で顔を出した岩の上に勢ぞろい。この岩、ひと月前にウミウが止まってプロイセン王国の国旗みたいなポーズをとっていた岩です。ここ、鳥の人気スポットみたい。

          岩全体はこんな感じです☟。この中に何とアオサギ16羽、トンビ10羽、計26羽も写っています!

           

           鳥ついでにもう一枚。富岡に向かう途中、五和町に入る手前の田んぼにアマサギが来ていました。白鷺だのアオサギだのというのだから「オレンジ入りサギ」とでも言いたいところです。

           

           序盤に雨が続いたので、庭のさくらんぼの多くが実割れしてしまいました。今年の人間の分はこれでおしまい。あとは”鳥の取り分”になりました。実は3日ほどですべてなくなっていました。

           こうして管理人のGWは終わったのでした。   5月10日

          ぜひランキングにワンクリックお願いします!

          人気ブログランキングへ


          さわやか自然百景 春本番〜天草

          0

             はるだなぁ・・・

             ウグイスがさえずり始め、ツバメもやって来ました。一方で倉岳町に2羽来ていた『カンムリカイツブリ』は夏の装いに変身し、3月下旬に仲間が増えて4羽になり、その一週間後にはいなくなりました。野山の木々は「山桜」に始まり、次々に咲き進みます。「ジャケツイバラ」が黄色い花を咲かせたところで春前半の花が出そろうという感じです。

             2月から昨日にかけて見かけた天草の春を紹介します。

             

            ジョウビタキのお嬢さん】2月7日、花が咲き始めた我が家の梅の木に遊びに来ました

             

            メジロとスズメ】2月16日、咲き誇った梅の花の蜜を吸いに来ました。スズメはここが縄張りです。

             

            ジョウビタキのおっさん】2月23日、倉岳町宮田で。白髪のおっさんです。

             

            ツグミシロハラ2月24日、偶然同じ木に止まりました。左がツグミ。右はシロハラのおねえさん。

             

            シロハラのとっつぁん】3月6日、シロハラのおねえさんは腹が白いが、とっつぁんは赤っぽいです。アカハラかと思いました。

             

            【旅発つ前のカンムリカイツブリ3月23日、この日4羽並んで魚を獲っていましたが、間もなく北に帰って行ったみたい。

             

            ウツギ卯の花です。4月5日には日当たりのよい斜面に咲いていました。

             

            アオダモ4月15日、上天草市松島町で。なんじゃもんじゃの花に似ています。アオダモは北の植物で天草には自生していないと思っていましたが、身近に普通にあるんですね。びっくりしました!

             天草にはガマズミがとても多く生えています。ノイバラも多いです。逆にウツギが少ないかな。

             

            ムベ4月15日、つる性植物、むべ(天草では「んべ」)の花です。アケビの親戚です。個体によって色合が若干違うようです。

             

             

            コゲラ4月17日、キツツキが2年ぶりに我が家にやって来ました。冬は木をつついていましたが、春になって梅の葉にいる虫を食べていました。

             

            ナツグミ4月17日、ナツグミの花の上で蜜蜂のヒラ社員が業務中でした。

             

            ジャケツイバラ4月25日、一週間前は蕾だったつる性植物の『ジャケツイバラ』が黄色い花を咲かせました。白い花が多いる天草にあって、黄色い花はとても印象に残ります。イバラの名の通り、結構えぐいトゲトゲがあります。

             いよいよ連休突入ですね! 天草の春を満喫してください!  4月26日

            ぜひランキングにワンクリックお願いします!

            人気ブログランキングへ


            春の水辺で

            0

               この春水辺で見かけたシーン。天草で暮らしているとこんな珍しいシーンに遭遇することがありますよ、の紹介です。

               

              【お食事中】

               カンムリカイツブリが海中から出て来ました。魚をゲットしてます。上手ですね!この鳥、危急種という、数が少ない鳥です。

               3月下旬には倉岳町で同じ場所に4羽泳いでいる姿を見かけました。4月に入ってからはまだ見かけていません。もう北に帰ったのかもしれません。

               

              【ひな?】

               オオバンの群れの中に茶色い鳥が混じっていました。若鳥が雛でしょう。でも10羽いた大人の鳥に対して雛はこの一羽。ちょっと少ないかな・・・

               

              【白と黒】

               オオバンの泳ぐため池にコサギがやって来ました。白と黒の組み合わせです。

               

              【歩く水鳥】

               あまり見かけないオオバン歩く姿です。

               

              【プロイセン王国の国旗】

               なんか、かっこいいですね。でもア〜ッ、ッ!です。鷲じゃなく。

               

               季節が進むと今度はどんな水鳥が姿を見せるでしょう。楽しみです。 4月8日


              冬の水辺では

              0

                 温暖で穏やかな冬の天草にはいろいろな鳥がやって来ます。この冬、海や水辺で見かけた鳥を紹介します。

                 

                カンムリカイツブリ

                 絶滅の危険性が”希少種”よりも高く、”絶滅危惧種”よりも低い『危急種』に指定されている鳥で、天草には冬にやってきます。今年は天草市倉岳町、宇城市三角町の海上で見かけました。写真は天草市倉岳町で見かけたつがいです。

                 

                 

                 

                ウミウ(鵜)

                 冬場に天草市本渡港の防波堤で日向ぼっこしている姿をよく見かけます。天草市下浦町で素潜り漁をしている姿を見つけました。潜水する距離はかなりの距離になります。潜ったまましばらく姿を消していましたが、離れたところにぴょこんと現れて、魚を『鵜呑み』して見せてくれました。

                 

                 

                鵜呑み

                 

                ヒドリガモ

                 本渡港周辺の河口に普通に泳いでいます。オスの頭が緋色なのが名前の由来らしいです。

                ヒドリガモ

                飛ぶとこんな感じです☟ 岸に集団で休憩する連中もいます☟

                 

                 

                オオバン

                 本土では一般的な淡水の鳥ですが、上天草市松島町天草市有明町の干拓地の灌漑用水池に毎年やってきます。

                オオバン 

                 

                マガモ

                 天草各地でよく見られますが、上天草市松島町の倉江川で多く見られます。頭が鮮やかなグリーンなのがダンナですが、見る角度によって模様が違って見えます。正面からと横からは別の鳥みたい。

                正面から見ると☟      真横から見ると☟

                 

                光の当たり方でも頭のグリーンの大きさが変化して見えたりします☟

                 

                セグロカモメ

                 天草の港で冬普通に見られるカモメです。写真は御所浦町元浦港で撮影しました。

                セグロカモメ

                 

                他にも通年見られる水辺の野鳥はたくさんいます。機会を見つけてまた紹介したいと思います。 3月11日

                ぜひランキングにワンクリックお願いします!

                人気ブログランキングへ


                | 1/2PAGES | >>

                プロフィール

                管理人のたかぴーです。2017年、定年を待たず少〜しだけ早く退職して天草に移住しました。東京での生活が正常だと思っていたのが間違いだった。とりわけコロナで過密都市の恐ろしさを実感している所です。ここ天草はWithoutコロナ生活を送れるパラダイス。是非お越し下さい。

                最新の記事

                カテゴリー

                calendar

                S M T W T F S
                  12345
                6789101112
                13141516171819
                20212223242526
                27282930   
                << September 2020 >>

                ☟ブログランキングやってます

                天草への移住情報

                Twitter

                archives

                recent comment

                links

                search this site.

                others

                mobile

                qrcode