お庭に鳥居!

0

     天草では神様を敷地の鬼門の方角に祀っているお宅を見かけますが、住宅の敷地内にど〜んと鳥居があるお宅もあります。

     少し前に『天空の鳥居』を紹介しましたが(関連記事はこちら)、こちらは『お庭の鳥居』。

     

     鳥居の側から見てみます。

     確かに民家の庭先に石の鳥居と石造りの祠があります。にしても立派な鳥居です。

     

     もう一つ、真っ赤な鳥居があるお宅です。

     近づくとお稲荷様でした。鳥居の先には”やしろ”が作られています。

     個人のお宅だと思うのですが、ご利益がありそうですね。  11月22日


    春分の日特集 春の窓辺で

    0

       今日は春分の日。天草は未明から雷雨でした。皆さんのところではいかがですか?

       さて管理人のパソコンデスクから見える春の景色を紹介します。石垣の手前に梅の木があります。そこでの一コマです。

        【スズメとネコ】

       

       

       

       

       

       

      ぜひランキングにワンクリックお願いします!

      人気ブログランキングへ


      天草猫紀行

      0

         本日は天草市倉岳町の棚底村の諏訪神社のお祭りでした。笛や太鼓の音がし始めたので出かけようと濡れ縁に行くと、三毛とシャムと末っ子猫に占領されていました。

         

         

         さて家から神社に歩いて行く途中で猫を見かけました。私が立ち止まるとすぐに逃走姿勢を見せました。

         

         

         しかしここからが天草の猫力。『おーい、元気かー?』と呼びかけながらその場にしゃがむと逃走を中止しました。『写真撮るぞー』と言いながら姿勢を低くするとこちらの様子を伺いだしました。

         

         

         『もう一枚撮るぞー』と言いながらカメラを構えていると、なんとポーズをとってくれました。

         

         

         猫って、結構自己アピールがすごいんですね。私が暮らすここ倉岳町棚底は、猫と人間がうまく共存しているんです。猫好きの方がここに住んだら最高だと思いますよ!    10月21日

         


        天草の常識って、首都圏では・・・

        0

           私が住んでいる天草市倉岳町では、9月の終わりにモズが鳴き始めました。鋭い声だけでなく、他の鳥の鳴き声をまねするんです。このモズはイソヒヨドリの真似をします。

           

           

           10月13日は、翌日の小型船舶操縦免許試験の準備でした。今月から装いも新たに、定年後の豊かな人生実践講座を開講します( ´艸`)

           最初はペットについて。首都圏では猫を飼える賃貸物件って少ないですよね。でも天草では猫は飼わないでも向こうからやってきます。飼い猫か野良猫かは分かりませんが、猫はそこらじゅうで見かけます。なかには道路に寝そべって、車が来てもよけない横着猫もいます。首都圏では猫を飼えるかどうかが問題ですが、天草では次々にやってくる猫をどこまで受け入れるかが問題です。

           猫は餌をくれる家を拠点にします。猫が嫌いなら、やってきた猫に餌をやらないで、来たらさっさと追い払う。追っかけると一層効果的。芝生や畑にウンチするので、見つけ次第すぐにスリッパを投げて追っ払います。DIYに行けば動物の警告用パチンコとビー玉も売ってます。一方猫が好きなら餌をあげます。「世界猫歩き」の岩合さんのように猫の視線で語り掛けます。猫に危害を加えないやつだと認めさせたら第一段階クリアです。次はトイレのしつけです。猫は庭や畑でウンチをしようとします。見かけたらダメだと声で警告します。それでもやめなければスリッパかビー玉を投げます。すると猫は「ここはいけない」ことを学習します。猫は意外と話が通じますよ。雄猫はオシッコでマーキングするので要注意。

           最初ウチには三毛猫1匹、キジ猫2匹、赤猫2匹が毎日のように来ていましたが、オスはオス同士、メスはメス同士で縄張り争いをするのでメスの三毛とオスの赤以外は追い払っています。今は三毛と、その子供2匹がほぼ住み着いています。人なつっこい赤猫はオスで、マーキングばかりするので餌をあげなくしましたが、まだ毎日遊びに来ます。三毛の子の一匹はシャム猫ライクな猫で、今年の春に生まれた雄猫。もう一匹は白い子猫(性別不詳)。三毛が一人っ子政策を取っているかどうかは知りませんが、ご丁寧に一匹ずつしか生まない。そして年に二回も子供を産む恋多き猫です。この春生まれた子猫は、4か月前このブログで上げた時にはちっちゃな子猫でしたが、下の写真のように母猫より大きくなりました。でも親子本当に仲良しです。

           

           

           下の写真はお兄ちゃんと、夏に生まれた”弟か妹”。兄は弟か妹の相撲の相手になっています。見かけによらず面倒見が良いお兄ちゃんなのです。

           

           

           三匹が揃いました。恐らくこれが彼らにとって一番の安らぎの瞬間なのでしょう。人間が見てみても平和です。

           

           

           このように天草では猫が嫌いでなければペットには困りません。     10月20日


          久々に猫が登場 ざる猫

          0

             急に秋めいてきました。我が家に出入りしている野良猫達もずいぶん様変わりしました。

             毎日やって来てたオスの赤はケンカが弱く、別の赤猫に負けて縄張り(私の家)を追い出されました。負けた相手を玄関の外から遠巻きに眺めている赤を見ると、これが猫の世界の掟だと分かっているけどかわいそうで、勝ち組の赤を追っ払いました。数日経ったらまた睨み合いをしていたので、弱虫赤に加勢してやりました。弱虫赤の勝ち誇った顔といったらありません。次回からは勝ち組赤を見つけたら敷地の外まで追っ払ってやり、ついに赤は縄張りを取り戻しました。

             人の手を借りて赤が復権した一方で、去年三毛が産んだキジ猫は姿を消したままです。そして6月。三毛がシャム猫みたいな新しい子猫を連れてきました。どうしてこんな風貌の猫が生まれたのかは謎です。 

             

              

             

             最初見たときは『グレムリン』かと思いました。三毛はここが安全だとわかると毎日子猫を連れて来るようになりました。以来子猫は人間との距離を徐々に縮めていき、いつの間にか人間を仲間だと思い始めたようです。

             お目見えから一か月後のある日。私の母が草取りしていると様子を見に来ました。

             

             

             遊んでもらおうとちょっかい出しても相手にしてもらえないと、いかにもつまらなそうにあくびです。一か月でずいぶん大きくなったものです。この頃から誰ともなく「チビ」と呼ぶようになっていました。

             

             

             やがて親三毛がやってきました。親子仲良く池を泳いでいる鯉を見ています。最初は鯉を捕まえる気満々だったのが、一度手を出して失敗して学習したようです。

             

             

             夏場には濡れ縁で親子昼寝してました。しかしこの頃から恋多き三毛はお腹が膨らんでいました。

             

             

             8月に入ってから三毛が姿を現す時間が減り、子猫が一人でいるようになりました。お盆を過ぎた頃には三毛のお腹はライザップしてました。チビ同様、またどこか秘密の隠れ家で育てているのでしょう。

             先週のこと。カヤックフィッシングに出掛けて50cmを超える良型の鯛を釣ってきました。子猫は鯛に興味津々で取ろうと手を出します。真剣です。自分より大きな魚を取ろうというのが面白い。下ごしらえが終わってカヤックの掃除に向かうと、遊んでもらおうと先回りしてカヤックのバウに座って待ち構えています(下)。

             

             

             無視して舟の後ろに回ろうとすると、サイドを伝ってついてきます。

             

             

             結局船尾に座ってしまいました。私に舟の掃除をさせるつもりはないようです。

             

             

             先日カヤックに積んであるタモ網で遊んでいて、網が絡まって身動きが取れずにいたそうです。父が助けを呼ぶ声に気付いて、網をカットして助けてやったそうです。おかげで網には穴が。この週末に椅子に座ってカットされた網を修理していると、さっさと私の膝の上に乗ってきてその網に爪をかけて遊んでいます。懲りないやつ。近頃はざるがお気に入りで、ここで寝ています。

             

             ざる猫。でも冬場はどうするのかな・・・土鍋でも出しておくか       9月15日


            天草 猫珍百景〜ベジタリアンな猫

            0

               8月に入っても珍魚ヒラは絶好調。風が強くて潮目が分からないままテキトーに釣っていても、

              律儀なヒラはよく釣れてくれます。しかも50cmクラスばかり。愛すべき魚ちゃんです。

               お盆の頃天草では雷が長時間鳴り続ける日が2日ほどありました。窓を開けて外にカメラを向

              けるだけでこんな写真が撮れるくらいでした。

                

               

              【珍百景候補1 ベジタリアンキャット】

                庭に野菜のくずを乾かすトレーを置いています。ご近所からいただいたトウモロコシを茹で

               て食べた後、残りの芯を乾燥させていました。いつものように常連猫三毛が来ています。

                三毛がトウモロコシの芯をかじっています。近づいて見てみると、本当にガシガシ食べてい

               ます。ウソだろ!? それを見た赤もまねて舐めてみますが、2,3回舐めただけでやめて毛繕いを

               始めました。三毛が食べた後を見てみると、4分の1ほどなくなっていました。結構な量です。

                別な日にトウモロコシを干しに出すと、早速三毛がやって来て、トウモロコシの芯を口にく

               わえてお気に入りの場所に移動して食べ始めました(下右)。すっかり好物になったようです!

               女の子猫だから食物繊維を食べるのでしょうか、ベジタリアンな猫です。

               珍百景候補1にしました。

                 

               

              【候補2 一夜干しキャット】

                こんな一夜干し初めて見ました。天草市崎津で見つけました。

               

               

              【候補3 ファッショナブルキャット】

                三毛がくつろいでいます。見てください。右足の縞の色が3本みな違うのです。なんとまあ

               おしゃれな猫なのでしょう! ということで珍百景候補3に挙げます。

               

               

              【候補4 車道で日向ぼっこする猫】

                前に車道の真ん中に寝そべって日向ぼっこする猫がいると書きました。でもなかなかその

               現場写真を撮る機会がありませんでした。先日やっと撮れましたが、車道のど真ん中で寝る

               得意技ではなく、ちょっと外れた端に寝ている様子です(下右)。ついでながら下の写真の

               左は、ここの場所の”常連猫”3匹です。よく3匹一緒のところを見かけます。

                道のど真ん中で寝るのが好きな危険な猫を珍百景候補4に挙げます。

                本当に車道の真ん中で寝ている時どうしているかと言いますと、近所のおばあさんがやっ

               て来て、ひょいと抱き抱えて安全な場所に運んでいました。飼い主でしょうか・・・

                

               

              【候補5 木登り猫】

                常連猫のうち、三毛の母猫のトラが最近顔を見せなくなりました。近所で散歩している姿は

               ときどき見かけるのですが、うちにはほとんど顔を見せなくなりました。代わりに新入り猫が

               やってきました。新入り猫が何をしたのか知りませんが、が猛然と新入り猫を追いかけて、

               木の上に追いつめました。うざったいほど人なつっこい赤ですが、時々雄猫の本性を見せます。

                下は赤が新入り猫を松の木のてっぺんに追い詰め、その下の枝に陣取って、「ウ〜」とうな

               りながら上に睨みをきかせているところです。木のてっぺんには白っぽい猫が隠れています。

               赤はカメラを向けられて私と目が合ったら急に冷静になり、うなりをやめて、ゆっくり木から

               下りて立ち去りました。やはり興奮していたのでしょう。ふと我に返ったよな雰囲気でした。

                木のてっぺんの新入り猫は「やれやれやっといなくなったか」とばかりに降りてきました。

               でもよほど怖かったのでしょう。何となく震えているようで、下り方がぎこちないです。下の

               右の写真に、木の幹にしがみついている新入り猫の右手が見えます。

                今の常連猫三毛と赤。三毛は常駐、赤は朝晩ご飯時にやって来ます。

                

               ということで、松の木に登った猫2匹を珍百景候補5に挙げます。

               

              【雷と猫】

                冒頭の雷の夜。その時猫はどうしていたか? どこに隠れたのやら、姿を消していました。

                                                    8月19日


              今しか見られない景色 −猫もバテる盛夏−

              0

                【バテ猫】 

                  毎日暑いですね〜。うちにやって来る常連猫を見ていると余計に暑く感じてしまいます・・・

                 

                    うだる三毛                熱中症的

                 

                【今しか見られない新天門橋の工事風景】

                  天草への入口となる1号橋。天門橋と名付けられたこの橋を、私はいったい何度渡ったことで

                 しょう。その天門橋の輸送力増強のために、すぐ隣に新しい橋が建設されています。その名も

                 新天門橋。仮称ですが、今年開通を目指しています。

                  工事は大詰めを迎えています。ということは、工事中の姿は今しか見られません!二度と見ら

                 れない景色を見るチャンスです! 今なら天門橋、新天門橋、工事中の大きな支柱が2組、それ

                 を引っ張るワイヤが揃って見えます。今すぐ天草へ行きましょう!

                 

                 

                 世界遺産の「三角西港」から でいごの木 越しに見ると、こんな感じになります。

                 

                 でいごの赤い花が咲いている4月下旬から5月上旬に見るともっと印象的な風景写真が撮れたと

                 思いますが、葉っぱだけでごめんなさい。

                  天草に渡って、天門橋を渡り切ったすぐ右側の展望所。ここからは工事中の支柱が天高くそ

                 びえる姿が見られます。

                 

                 

                 

                 

                【矢沢永吉さん『イキだね!』】

                  ニッサンキャラバンでこんなCMが作られています。矢沢永吉さんが「イキだね!ニッサン」

                 で締めくくっています。和風総本家に出て来そうな鳶職人風の人たちが、新天門橋の工事現場

                 を舞台にしたCMは、「クール」です。ここで掲載した風景が随所に見られます。

                 

                【時々見られる景色:豪華客船】

                  天草の対岸、八代港に入るクルーズ船の話題です。7月31日、天草市倉岳町で八代港を目指

                 している豪華客船、ノルウェージャン・ジョイの姿を見かけました。島と島の間に白い船体が

                 見えています。写真ではうまく表現できませんでしたが、肉眼では藍色の島と朝日を浴びて淡

                 いオレンジに光る船とのコントラストがきれいでした。

                 

                  八代港は大型客船が入港できる港として整備され、いろいろな船が来ます。先月16日に行わ

                 れた天草X-Athlonの当日、日が落ちた同海域を八代海から下島方面に向けて出ていく大型客船

                 マリナー・オブ・ザ・シーズの姿がありました。まるで秋田竿灯がゆっくりと島の間を動いて

                 いるような感じでした。                           8月5日


                | 1/2PAGES | >>

                プロフィール

                管理人のたかぴーです。2017年、定年を待たず少〜しだけ早く退職して天草に移住しました。東京での生活が正常だと思っていたのが間違いだった。とりわけコロナで過密都市の恐ろしさを実感している所です。ここ天草はWithoutコロナ生活を送れるパラダイス。是非お越し下さい。

                最新の記事

                カテゴリー

                calendar

                S M T W T F S
                   1234
                567891011
                12131415161718
                19202122232425
                262728293031 
                << July 2020 >>

                ☟ブログランキングやってます

                天草への移住情報

                Twitter

                archives

                recent comment

                links

                search this site.

                others

                mobile

                qrcode