イルカの海の東山魁夷ワールド

0

     海沿いの国道を天草市五和町のイルカセンター方面に走ると、肉眼でイルカが見えることがある。探す手順は次の通り。

     まずイルカウォッチングの畝が集まっているところを探す。漁師が鳥山を目印にカツオを探すのと同じ。(対岸は島原半島と雲仙普賢岳)

     

     

     イルカウォッチングの船か漁船かを見分けるのは、カラフルなライフジャケットの乗客がいるかどうか。

     

     

     船のへさきが向いている方を見てみよう。近くで水しぶきが上がっている所には黒く背びれも見える。

     

     

     

     

     天草海鮮蔵(場所はこちら)を過ぎて二江方面に走ると左カーブの右側にシュロの木が生えた駐車スペースがある(場所はこちら)。お地蔵様が祀られているのが目印。

      

     

     お地蔵様に向かって左側から下の海を覗くと、巨匠東山魁夷画伯の障壁画のような波の風景が見られる。

     

     

     満潮近くの時間帯に見られる。奈良、唐招提寺御影堂障壁画濤声』(とうせい)のワンシーン(著作権上画像は掲載できないが)を思い出す景色。波と岩が織りなす躍動感をどうぞ。

     

     

     

     

     

     唐招提寺の御影堂は毎年6月6日を挟んで前後3日間だけ開扉される。鑑真和上が苦難の末渡って来られた海に比べればはるかに穏やかな海だろう。でも構図は似ていて思い出してしまう。

     帰りは亀島近くの直売所『わかみや』(場所はこちら)で干物のお土産はいかが?ここのサバの干物は特に美味しいと評判。

       

     

     東山魁夷画伯が天草を訪れたという話は聞かない。訪れて欲しかった。画伯が好んで使ったラピスラズリの”青”は、天草の風景に良く馴染むと思うから。  2020年9月25日


    幸せを呼ぶ青いハチ

    0

       台風が去った後、日本最小のトンボ、ハッチョウトンボを探しに上天草市の白嶽湿地に出掛けた。昨年5月の渇水の時に訪れて以来だ(関連記事はこちら)。今年は雨が多く教良木ダムも満水、湿地も元気だろうから今なら会えるかもしれない、と思い立って出かけた。

       湿地に着くと先客が写真撮影をしていた。てっきりハッチョウトンボの撮影だと思って「トンボですか?」と聞くと「ブルービーがいますよ」と答えてくれた。「よく見られるんですか?」「結構珍しいです」。へ〜、どれどれ?

       おおっ、ピンクの花に青いミツバチが!

       

       

       滅多にみられないハチだから見られたら幸運、青いハチを見ると幸せになる青い鳥みたいに幸せを運んでくるとか、いろいろあるがとにかく縁起がいいらしい。ブルーのミツバチといった感じでかわいい。和名は『ナミルリモンハナバチ』。漢字で書くと波瑠璃紋花蜂で、古来から日本で珍重されてきた瑠璃色(青色)の縞々が入ったハチということみたい。瑠璃は七宝の一つ、ラピスラズリの色に由来するらしい。愛称は『ブルービー』。5,6匹が忙しそうに蜜を求めて舞っていた。”ぶんぶんぶん、ハチが飛ぶ”。

       ブルーの縞模様に日の光が当たると美しさが際立つ。でも動きが早くてなかなかいいタイミングで撮れない・・・

       

       

       絶滅が心配されている希少種。先日絶滅危惧種のハクセンシオマネキが天草上島に新たな生息地を広げていることを紹介したばかりだが(関連記事はこちら)、同じ上島にまた希少種がいたとは!

       

       

       蜂が集まっているピンクの花は蝶にも人気らしく、見ていて楽しい。ベニシジミ(下)や。

       

       

       ツマグロヒョウモンのオスもいた。他にも大小いろいろな蝶や昆虫がいる。

       

       

       結局この日ハッチョウトンボには会えなかった。代わりにすごく珍しいハチに出会えた。天草は懐が深い。

       

       ハッチョウトンボはいなかったが、こんなきれいなトンボがいた!

       

       トンボについてはまた近いうちにまた取り上げるつもりだ。

       

       帰りの車に乗ったら、フロントグラスにお客様が乗っていた。まるで空中浮遊してるみたい。

       

       

       しばらく待ってみたが飛んで行く気配がないので、乗せたまま車を動かすと

       

       パイロットみたいに前を向いてドライブを楽しんでるみたい。あまり遠くに連れて行くと帰れなくなっちゃうんじゃないかと、途中で車を止めて下車頂いた。するとバッタ君、「キチキチキチ」と鳴きながら飛んで行った。これって「吉 吉 吉」って鳴いてんじゃね? 青いハチのご利益来たねー、「吉 3つですっ!」  2020年9月18日

       

       


      ぶらり途中上陸 しなかった台風

      0

         九州は9月に入って立て続けに2つの大きな台風が接近したが、ぶらり途中上陸しないで朝鮮半島へ抜けて行った。台風も立て続けに発生すると無理があるようで、急発達した10号は、9号がかき混ぜて水温が下がった水域に入って急に勢いがなくなった、天草に接近したのはこの後だったのでひどいことにはならなかった。

         台風が来ると天草は船の避難所になる。天草市楠浦町は陸から近く見えるところに停泊する。9号接近のときの楠浦町。コロナ対策で3密(集・近・閉)を避けてソーシャルディスタンス?

         

         

         有明海方面にも大型の船が見える。とれたて市場から見た有明海。ちょっと見にくいが、10隻避難していた。

         

         

         結果として今回は上島では強烈な風は吹かなかった。それでも強風で舳先を破損した船もいて、少なからず被害はあった。下島ではイルカウォッチングの桟橋がどんぶらこと流される被害もあったようだ。

         

         台風10号が近づく前、母の一周忌の法要に空路千葉に向かった。とてつもない台風だと言うので船の風対策を整え、父に”とも綱”の結び直しをお願いして天草を出発した。途中、以前紹介した”JRあまくさみすみ線”網田駅のレトロカフェ(記事はこちら)も空襲警報なみの準備をしていた。

         

         

         熊本空港近くの民間駐車場に車を預けて空港に向かう。コロナが話題になり始めた2月頭にも浜松行で利用したが、その時とは道のりが違う。国際線の駐車場で下ろされ、帰りもここに来いと言う。何で?

         皆が行く方に歩いて行くと、バラックがあって、仮ターミナルビルみたいになっていた。お菓子の香梅もあった。え?何があったの?案内所まで行って事の次第を確認することに。すると熊本空港はスクラップアンドビルドでターミンルビルを建て替え中だそうだ。3年ほどかかると言う。ずいぶんのんきな話だ。空港にはコロナ以降近づかなかったので何も知らなかった・・・

         空港の仮ターミナルはこんな感じ。客がいない・・・航空会社はどうなってしまうのだろうか。

         

         

         JetStarの成田線は日に2便あったのが今は週に3便と大幅減となっている。そのせいか、搭乗率は7割を超えているようだった。

         

         

         成田到着した。外国人がいない。そもそも人が少ない。”Youは何しにニッポンへ?”のロケなど出来そうもない。

         第二ターミナルでレンタカー会社のお出迎え。あとは車をを借りて移動する。My消毒液を持参して、前回の巣ごもりのノウハウを駆使して乗り切る予定だ。

         

         無事法事が終わった。台風はこれから九州に最接近するらしい。天草からはとも綱の張り直しは順調だったこと、これまで経験したことのない程準備をしたことの連絡をもらった。でも気が気ではない。千葉地方は時折強い風も吹き、激しい雷雨と晴れ間がっ繰り返している。天草よりこちらの方が影響があったかもしれない。とにかく台風は夜半に天草に来るらしい。

         

         翌日、天草から「それほど吹かなかった」こと、「住宅も船も無事だった」ことの連絡が来てほっと一安心。でも東京地方は時折10mくらいの風が吹き、急な土砂降りも続いている。午後に雨が治まったので家の周りの草引きをして翌日帰路に就く。

         

         レンタカーを返して成田空港に入り、第二ターミナルビルで昼食をとろうと思った。しかしやってる店は半分もなく閑散としている。サラリーマン時代、同時多発テロ発生の前にApple本社へ営業に行ったことがあるが、その時使ったのがここだ。北ウィングにも南ウィングにも人影がない・・・

         

         

         オリンピック公式ショップも閉鎖。

         

         

         コロナが及ぼす経済的打撃を肌で感じる旅だった。この風景が今の自分に無関係に思えても、結局回り回って自分に降りかかってくる。どうすれば良いのだろうか考え込んでしまう旅だった。  2020年9月11日


        エール! がんばれ絶滅危惧種!

        0

           天草には絶滅が心配される珍しい生き物がたくさんいる。花なら”ハマボウ”(関連記事はこちら)、鳥なら”カンムリウミスズメ”(関連記事はこちら)、そして”ハクセンシオマネキ”というカニ。このカニは上天草市の永浦島の海岸にコロニーを作っているのがが有名だが、天草市にも5年ほど前から現れた小さなコロニーがある。

           天草市倉岳町と栖本町の境にある阿保(あぼ)地区。ここは鉱泉が出るので、昭和30年代前半まで2件の旅館があったという。鉱泉は微かに硫黄の匂いがして、昔は「たまご水」と呼ばれていた。擦り傷やあせもに効き、今も出ていて地区ではお風呂に利用しているという。

           阿保バス停付近は、旧道の外側の海を埋め立てて国道を通してある。櫓漕ぎの釣り舟をよく見かけるのも、冬場にカンムリカイツブリが渡ってくるのもこの付近だ。国道に架かる阿保橋(場所はこちら)から山の方を見ると奥は入り江になっている。

           

           

           旧道の護岸堤防と昔の橋の断面が見える。昔はこんなに狭い橋だった。

           

           

           集落の方から海を見ると、国道が防潮堤のようになっている。橋の下をくぐって船が出入りできる。地元の方は台風の時に波をかぶる被害があったそうだが、国道が防潮堤になってくれて助かっているそうだ。

           

           

           満潮の時は橋をくぐって海水が入り、山に囲まれた静かな入り江になる。鉱泉は左側の山の斜面から出ている。

           

           

           潮が引くと入り江は干潟になる。

           

           

           橋に近いところの砂地を見ると、白い点がいっぱい見える。よく動く。そして大きなハサミを振っている。ハクセンシオマネキだ。白い大きな扇を振って潮においでおいでしているように見えるから『白扇(はくせん)潮招き』なんだとか。

           

           

           浜に下りて、できるだけ砂を踏まないように遠くから撮影した。人気を感じるとすぐに穴に逃げるが、じっとしてゆっくり10も数えれば穴から出て来る。

           

           

           立派な左手、いや、扇子。

           

           

           小さいやつから大きいやつまでいっぱいいて、見ていると楽しい。

           

           

           以前この入り江を埋め立てて鉱泉を利用した福祉施設やゲートボール場を建設する案が持ち上がったそうだ。但し建設案は全員一致の賛成が条件だったという。結局住民一人が最後まで賛成せず、流れてしまったそうだ。図らずも”憩いの家”計画が流れたお陰で絶滅危惧種がやって来たわけだ。頑張っている小さな生き物にエール! 2020年9月4日


          季節限定"丸ごと桃"スイーツ

          0

             スイーツに合う夏のフルーツといえば、やっぱ桃でしょ! しかもホールでしょ! ということで今回は丸ごと桃のスイーツを紹介したい。

             東京での巣ごもり中、多摩市の京王ストアに車で食料の買い出しに行った。駐車場が京王デパートと共用で、途中デパートの通路を抜けてスーパーに行く。通路際に新宿高野のお店がある。妻の誕生日のお祝いに夏らしい桃のスイーツを買った。

             さすが高野、種類が豊富。『ももロシェ』と『ももロワイヤル』を買った。丸ごと桃を使ったのは、ももロシェの方。

            【ももロシェ】

             

             「レモン風味のダマンドにカスタード

             クリーム入りの桃を乗せた果実をまる

             ごと楽しめるケーキ。税込 1,296円

             (本体価格 1,200円)」とある。

             レモン風味のクレームダマンドを乗せ

             た生地の上に、芯をくり抜いてカスタ

             ードクリームを詰めた桃が乗っかって

             いる。酸味と甘みのバランスが絶妙で

             量産品なのにハイクォリティ。

             

             

             

             な〜んだ、東京の話か・・・いえいえ、ここからが本題。天草にも桃を丸ごと使った美味しいスイーツがある。自家製で丁寧に作ってあるので「お、値段以上」。


             上天草市松島町合津。産交バス松島バス停横にある『ケーキ工房パンプキン』(場所はこちら)。

             

             季節限定の”桃のタルト”は大人気。毎日午後2時前に焼きあがるが、すぐになくなる。予約しておくと安心だ。

            桃のタルト】

             

             芯をくりぬいてカスタードクリームを詰めた桃を丸ごとタルトに乗せたケーキ。ハーフサイズもある。桃の糖度に個性があるらしく、カスタードが甘めに感じるものとほど良いバランスのものがあるが、それは個性として楽しもう。桃の存在感抜群で、うっかりするとタルトから桃が転げ落ちてしまうのでご用心。これでお値段は560円(税込み)。

             ここは長さ50cmという長〜いロールケーキ”天草ロール”でも有名(ハーフカットもある)。お土産に買って行く人が多い。このロールケーキ、大きいだけじゃなく”堂島ロール”を思い出させるおいしさがある。生地のきめの細かさも生クリームもいい線行ってる。

             堂島ロールは元々大阪の”モンシュシュ”という小さなお店のロールケーキで、地元では知られた存在だった。それがJALの関空発のハワイ線の機内食に採用されて一気にブレークし、全国にその名を知られることになった。ところが好事魔多し。実は”モンシュシュ”というケーキの商標は神戸のゴンチャロフが既に登録・運用していたのだ。結局訴訟になって、商標を”モンシェール”に変更することになった。この事件は、商標を軽く見てしまった失敗例としてよく題材に取り上げられる。10年前、JALのCAをしていた姪がお土産に持ってきてくれて初めて食べたが、感動的なおいしさだった。名古屋のミッドランドスクェアにもモンシュシュのお店があって仕事帰りに時々買って帰るようになったが、あるとき店の名前が変わるという案内が掲示され、売れてるときに何で名前を変えるのか不思議に思った記憶がある。

             余談が過ぎた。もう一つ丸ごと桃のスイーツを。

             

             天草市川原町のロシアン洋菓子店(場所はこちら)。

             

             なぜ「ロシアン」なのか聞いてみたが、先代が熊本市で経営していたお店の名前を引き継いだので詳細は分からないとか。隣国ロシアとは何の関係もないそうだ。

            ももたろう

             そっとフォークを入れると、中からは元気な男の子ではなくカスタードクリームが顔を出した。桃はパイ生地の座ぶとんの上に座っている。パイ生地は桃の蜜を吸って濡れているので食感はないが、ちょっとした味のアクセントになっている。あっさりとした、いかにも夏、のスイーツだ。750円(税込み)。

             

             天草地域では今『天草南蛮柿(いちじく)フェア2020』というイベントが行われている。いちじくは南蛮船によって天草にもたらされたのが最初だという。また改めてレポートする予定だ。  2020年8月28日


            新型コロナを振り切って走れ!

            0

               家にこもって 2週間。荷物まとめて 昼食べて、車消毒 準備よし。すがるコロナを 打ち捨てて、いざや帰らん 天草へ。

               

               行きは新名神と新東名を使ったので、帰りは中央道と名神、を使って帰ることにした。名古屋に単身赴任していたこともあって、名古屋までは百回ほど往復している。9割は中央道経由だったのでお気に入りの休憩スポットに立ち寄りながら走る。3年ぶりの訪問だ。

               お気に入り最初のPAは八ヶ岳PA。ペンション風の建屋で清里を連想させる。駐車場からは八ヶ岳連峰が正面に見える。

                

               

               建物に向かって左側に歩行者通路があって外に出られる。目の前にゴルフ練習場の看板がある。

               

               

               下り線にある、歩いて行ける打ちっぱなし。『中央道ご利用者のご来場歓迎』とある。

               

               高原のネットのない打ちっぱなし。駐車場からキャディーバッグを抱えて歩いて行くのはちょっと恥ずかしかったが、気持ちいい練習場なので、日曜日に名古屋に戻るときに時々立ち寄った。

               

               

               次のお気に入りPAは、諏訪を抜けた先にある小黒川PAだ。駐車場がユニークで、名古屋側には半円形に駐車スペースが並んでいる。

               

               ここには地元の農産物を販売するコーナーがある。

               

               野菜だけでなく山菜も多く並ぶのが特徴で、春にはタラノメやコシアブラ、秋にはアケビやきのこなども並ぶ。10月中旬に店頭に並ぶことがある『サルナシの実』は是非一度食べてみてほしい。梅くらいの大きさで、キウイフルーツみたいでとても甘くて美味しい。買うときに食べごろの日数を聞いておくとよい。余談だが信州の珍味『鉢の子』も売っている。

               

               

               岐阜県に入ると左右にカーブが続く。大きなカーブの途中みたいなところにある神坂(みさか)PAに着く頃は日が傾いていた。

               

               建物の左側に高速バス停出入り口がある。

               

               扉を出てすぐ左に曲がって15分程歩くと、文豪島崎藤村の出身地『馬籠宿』に出る。馬籠宿は中山道の宿場町で、妻籠宿や奈良井宿などと並んで人気がある宿場町だ。藤村記念館もある。上り線の神坂PAからも歩いて行けるので、何度となく立ち寄ったものだ。

               

               小牧で名神に入り、長良川を渡る頃には日が暮れた。眠くなったら仮眠を取り、目が覚めたらまた走る、を繰り返し、翌朝7時には久留米に着いた。そこから国道3号線に下りて南下を続ける。途中『県議会議員 松野明美 連絡事務所』の看板を見つけた。アスリートからタレントに転向したのは知っていたが、議員さんになっていたんだ。

               

               午後1時半、自宅に着いた。ほぼ24時間の旅だった。出発直前に2時間程仮眠を取っていたことが幸いしてか、意外と楽だった。それにしても新型コロナのウィルス野郎を振り切るのに、なんと余分な労力を使わされたことか! 疲れた・・・   2020年8月21日


              | 1/29PAGES | >>

              プロフィール

              管理人のたかぴーです。2017年、定年を待たず少〜しだけ早く退職して天草に移住しました。東京での生活が正常だと思っていたのが間違いだった。とりわけコロナで過密都市の恐ろしさを実感している所です。ここ天草はWithoutコロナ生活を送れるパラダイス。是非お越し下さい。

              最新の記事

              カテゴリー

              calendar

              S M T W T F S
                12345
              6789101112
              13141516171819
              20212223242526
              27282930   
              << September 2020 >>

              ☟ブログランキングやってます

              天草への移住情報

              Twitter

              archives

              recent comment

              links

              search this site.

              others

              mobile

              qrcode